芥川龍之介×三島由紀夫作品を“ネオかぶき”に、花組芝居「地獄變」

152

花組芝居三島由紀夫没後五十年 プラス1『地獄變』」が、来年1月7日から17日まで東京の中目黒キンケロ・シアターで上演される。

花組芝居「三島由紀夫没後五十年 プラス1『地獄變』」チラシ表(宣伝美術:吉田ルリ子)

花組芝居「三島由紀夫没後五十年 プラス1『地獄變』」チラシ表(宣伝美術:吉田ルリ子)

大きなサイズで見る(全2件)

花組芝居は、古今東西の文化を取り込んだ“ネオかぶき”スタイルで活動している団体。「地獄變」は、芥川龍之介の小説を三島由紀夫が歌舞伎化した「地獄変」をもとにしたもので、今回は加納幸和の演出により“ネオかぶき”スタイルで立ち上げられる。当初本作は、三島の没後50年にあたる今年上演予定だったが、来年へと延期になった。

加納は「耽美と悪魔主義に満ちた芥川龍之介の原作を、わざわざ古めかしい丸本歌舞伎仕立てにしつつも、原作と違い、娘露艸(つゆくさ)が自分の意志で、美の殉教者の道を選んだ為に、殺戮者堀河大臣は美の創造者になる、この残忍な悪趣味に、作者が恍惚と筆を進めた『地獄變』を是非上演したいと思い立ちました」と上演に至った理由を明かしつつ、「デモーニッシュな世界に、三島が愛して已まなかった竹本浄瑠璃の『嵐の如き感情の表現技法』で以て、三島がその魅力の虜になった、美しくも毒々しい、気味の悪い花を咲かせたいと考えます」と意欲を見せた。

なお本作は、修羅組と夜叉組の2チーム制で上演されるほか、配信も予定されている。

加納幸和コメント

外からは道楽だとか、才能の濫費とも言われ、内では、演出振りに冷ややかな目を注がれながらも、本当に「絶望」するまで、歌舞伎に「体ごと入ってゆ」き、存分楽しんだ三島由紀夫。彼が残した三島歌舞伎といわれる作品達が、当の梨園から見向きもされないのは、実に悲しい事実です。

そこで没後五十年に、耽美と悪魔主義に満ちた芥川龍之介の原作を、わざわざ古めかしい丸本歌舞伎仕立てにしつつも、原作と違い、娘露艸(つゆくさ)が自分の意志で、美の殉教者の道を選んだ為に、殺戮者堀河大臣は美の創造者になる、この残忍な悪趣味に、作者が恍惚と筆を進めた「地獄變」を是非上演したいと思い立ちました。

様式の定型に嵌め込まれた、バラエティ豊かなキャラクター達に、幕開きから地獄に蠢く魔王や鬼の姿を投影し、既に出来上がりつつある地獄絵図を、敢えて定式を逸脱し、金殿の装置には地獄の猛火を書き割り、ホコリ沈めの仕丁は、腹だけが異様に膨らみ、極度にやせこけた餓鬼、堀河大臣は閻魔の隈、丑輔&右馬之助は、いっそアニメキャラ風牛頭馬頭 etc.

これらデモーニッシュな世界に、三島が愛して已まなかった竹本浄瑠璃の「嵐の如き感情の表現技法」で以て、三島がその魅力の虜になった、美しくも毒々しい、気味の悪い花を咲かせたいと考えます

この記事の画像(全2件)

花組芝居「三島由紀夫没後五十年 プラス1『地獄變』」

2021年1月7日(木)~17日(日)
東京都 中目黒キンケロ・シアター

原作:芥川龍之介
脚本:三島由紀夫
演出:加納幸和

出演

修羅組

堀河大臣:丸川敬之
家司丑輔:秋葉陽司
蔵人右馬之助:松原綾央
絵師良秀:桂憲一
弟子筆雄:横道毅
弟子縹若:磯村智彦
御台葵の方:谷山知宏
良秀娘小女房露艸:武市佳久
女房冬荻:山下禎啓
ほか

夜叉組

堀河大臣:小林大介
家司丑輔:北沢洋
蔵人右馬之助:押田健史
絵師良秀:原川浩明
弟子筆雄:大井靖彦
弟子縹若:磯村智彦
御台葵の方:加納幸和
良秀娘小女房露艸:永澤洋
女房冬荻:山下禎啓
ほか

全文を表示

花組芝居のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 花組芝居 / 三島由紀夫 / 加納幸和 / 丸川敬之 / 秋葉陽司 / 松原綾央 / 桂憲一 / 磯村智彦 / 谷山知宏 / 武市佳久 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします