ブス会*新作「女のみち2020」本多劇場で上演、過去作の上映会も

68

ブス会*「女のみち2020~アンダーコロナの女たち~」が10月1・2日に東京・本多劇場で上演される。

ブス会*「女のみち2020~アンダーコロナの女たち~」の出演者。

ブス会*「女のみち2020~アンダーコロナの女たち~」の出演者。

大きなサイズで見る(全9件)

ペヤンヌマキが主宰するブス会*の代表作「女のみち」は、現代を生きるAV女優たちの姿を描いたシリーズ。その新作「女のみち2020~アンダーコロナの女たち~」は、7月の「テレ東 無観客フェス 2020」で配信された「女のみち特別編~アンダーコロナの女たち~」をバージョンアップしたものとなる。「女のみち2020」には内田慈もたい陽子高野ゆらこ、尾倉ケントが出演し、アフタートークゲストに中井美穂安藤玉恵鈴木砂羽を迎える。上演時間は約45分で、10月2日19:00開演回はライブ配信も実施される予定だ。チケットの一般販売は9月24日にスタート。なお本作は、明後日公演「asatte FORCE」の1企画にラインナップされている。

ブス会*「女のみち2012 再演」より。

ブス会*「女のみち2012 再演」より。[拡大]

また「女のみち2020」の公演に先駆けて、9月20日に東京・阿佐ヶ谷ロフトAで「女のみち2012再演」配信上映会&ブス会*トークイベントが開催されることも明らかに。本イベントにはペヤンヌ、高野、もたいが登壇するほか、「女のみち特別編」の企画発起人であるテレビ東京の祖父江里奈プロデューサーが登場する。

ペヤンヌマキ コメント

ペヤンヌマキ

ペヤンヌマキ[拡大]

新型コロナ感染拡大により劇場にお客さんを入れての公演がなかなか難しい中、7月に「テレ東無観客フェス2020」で無観客での配信公演の機会をいただき「女のみち特別編」を制作しました。緊急事態宣言が明けて間もない時期で、本読み・稽古もコロナ対策下で行うというかつてない状況でしたが、稽古場は「演技できる喜び」「みんなで作品を作れる喜び」で溢れていました。次は満席のお客さんの前で上演したいと強く願いました。

そして今回、「asatte FORCE」という素敵な企画にお声かけいただき、本多劇場で10月1日2日の2日間、お客さんを入れて再演ができることになりました。
こんなにも早く、お客さんの前で、しかも憧れの本多劇場で公演ができること、感慨ひとしおです。
劇場でお客さんが安心して観劇できる環境をご用意してお待ちしております。また配信もありますので、いろんな事情で劇場にいらっしゃれない方でもご覧いただけます。

「女のみち」に登場するのは、どのような状況でも「それでも生きていくんだよ」の精神で逞しく生きていく女たちです。
誰もが生命の危険に晒される毎日を生きている今、この舞台を観た人が、明日もなんとか生きていこうと、ちょっぴり元気になってもらえたらいいなと思っています。
ぜひたくさんの方に観ていただきたいです。よろしくお願い致します。

この記事の画像(全9件)

ブス会*「女のみち2020~アンダーコロナの女たち~」

2020年10月1日(木)・2日(金)
東京都 本多劇場

脚本・演出:ペヤンヌマキ
出演:内田慈もたい陽子高野ゆらこ、尾倉ケント

アフタートークゲスト

10月1日(木)19:00開演回:中井美穂
10月2日(金)14:00開演回:安藤玉恵
10月2日(金)19:00開演回:鈴木砂羽

「女のみち2012再演」配信上映会&ブス会*トークイベント

2020年9月20日(日)
東京都 阿佐ヶ谷ロフトA

出演:ペヤンヌマキ、高野ゆらこ、もたい陽子、祖父江里奈

全文を表示

関連記事

ブス会*のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ブス会* / ペヤンヌマキ / 内田慈 / もたい陽子 / 高野ゆらこ / 中井美穂 / 安藤玉恵 / 鈴木砂羽 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします