観客席舞台に開演待つ観客たち描く、劇団フルタ丸による生配信上演「オーディエンス」

88

本多劇場グループPRESENTS「オーディエンス」が、6月14日にイープラスのライブ配信サービス・Streaming+にて生配信される。

本多劇場グループPRESENTS「オーディエンス」

本多劇場グループPRESENTS「オーディエンス」

大きなサイズで見る

劇団フルタ丸による「オーディエンス」は、フルタジュンが作・演出を手がけ、東京・「劇」小劇場で無観客上演される作品。本作では、実際の観客席を舞台に、劇場に集まった5人の観客の群像劇が描かれる。とある劇団の公演を観に来た観客たち。「まもなく開演いたします」とアナウンスされるも、演劇は待てど暮らせど始まらない。それでも彼らは待ち続け……。

フルタは上演に際し「自分は演劇を創ることが好きですが、劇場で演劇を観ることも好きです。演劇が始まる前の観客席の具合が好きなのかもしれません。あの薄暗さ、あのチラシの束、あの場内アナウンス、あの妙な緊張感。『オーディエンス』は実際の観客席で展開する観客達の物語です。劇場での観劇に想いを馳せてもらえたら」と思いを述べた。上演時間は約40分。視聴料金は税込2020円で、終演後に“アーカイブ観劇チケット”も販売される。

フルタジュン コメント

6月1日より本多劇場グループの公演が無観客生配信で始まりました。
これからステップを踏みながら、劇場が演劇を取り戻そうとしています。
自分は演劇を創ることが好きですが、劇場で演劇を観ることも好きです。
演劇が始まる前の観客席の具合が好きなのかもしれません。
あの薄暗さ、あのチラシの束、あの場内アナウンス、あの妙な緊張感。
「オーディエンス」は実際の観客席で展開する観客達の物語です。
劇場での観劇に想いを馳せてもらえたら。

本多劇場グループPRESENTS「オーディエンス」

2020年6月14日(日)16:00~
東京都 「劇」小劇場 ※無観客生配信

作・演出:フルタジュン
出演:劇団フルタ丸

全文を表示

関連記事

劇団フルタ丸のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 劇団フルタ丸 / フルタジュン の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします