ドイツの演劇祭テアタートレッフェンがオンラインで開催、岡田利規の新作も配信

251

ドイツの演劇祭テアタートレッフェンが、現地時間5月1日から9日まで演劇祭の公式サイトでオンライン開催される。

「The Vacuum Cleaner」より。(c)Julian Baumann

「The Vacuum Cleaner」より。(c)Julian Baumann

大きなサイズで見る(全7件)

「ハムレット」より。(c)JU Bochum

「ハムレット」より。(c)JU Bochum[拡大]

テアタートレッフェンは、ドイツ語圏内で上演された演目の中から、審査員が選出した“注目すべき10作品”を上演する演劇祭。本演劇祭は毎年5月にドイツ・ベルリンで開催されていたが、今年は新型コロナウイルスの影響により、オンラインでの開催が決定した。

「青春の甘き小鳥」より。(c)Rolf Arnold

「青春の甘き小鳥」より。(c)Rolf Arnold[拡大]

「Chinchilla Arschloch, waswas」より。(c)Robert Schittko

「Chinchilla Arschloch, waswas」より。(c)Robert Schittko[拡大]

本企画では、選出された10作品のうち、6作品の舞台映像がそれぞれ24時間限定で無料配信される。日本時間5月1日27:00からヨハン・シモンズ演出のウィリアム・シェイクスピア作「ハムレット」、2日27:00からケイティ・ミッチェル演出のアリス・バーチ作「Anatomie eines Suizids」、3日27:00からアンタ・ヘレナ・レックがコンセプト・演出を手がける「Die Kraenkungen der Menschheit」、5日27:00からクラウディア・バウアー演出のテネシー・ウィリアムズ作「青春の甘き小鳥」、6日27:00からリミニ・プロトコル制作の「Chinchilla Arschloch, waswas」、そして8日27:00から岡田利規が劇場ミュンヘン・カンマーシュピーレのレパートリー作品として制作した「The Vacuum Cleaner」が公開される予定だ。これらに加え、各作品のクリエーティブチームのメンバーが作品について語るトークや、インターネットと演劇についてのディスカッションが連日実施される。トークでは意見交換の場として、配信当日に演劇祭の公式Twitterを介して視聴者からの質問が受け付けられ、登壇者がそれらに回答する予定だ。

また、テアタートレッフェンは現在、新型コロナウイルスの影響で大きな被害を受けたアーティストたちを支援する寄付を呼びかけている。詳細は公式サイトのチケットページを確認しよう。

この記事の画像(全7件)

「Theatertreffen virtuell(テアタートレッフェン ヴァーチャル)」配信スケジュール

Schauspielhaus Bochum「ハムレット」

2020年5月1日(金)27:00~2日(土)26:59

作:ウィリアム・シェイクスピア
引用:ハイナー・ミュラー「ハムレットマシーン」
演出:ヨハン・シモンズ

Deutsches SchauSpielHaus Hamburg「Anatomie eines Suizids」

2020年5月2日(土)27:00~3日(日・祝)26:59

作:アリス・バーチ
演出:ケイティ・ミッチェル

「Die Kraenkungen der Menschheit」

2020年5月3日(日・祝)27:00~4日(月・祝)26:59

コンセプト・演出:アンタ・ヘレナ・レック

Schauspiel Leipzig「青春の甘き小鳥」

2020年5月5日(火・祝)27:00~6日(水・振休)26:59

作:テネシー・ウィリアムズ
演出:クラウディア・バウアー

リミニ・プロトコル「Chinchilla Arschloch, waswas」

2020年5月6日(水・振休)27:00~7日(木)26:59

コンセプト・テキスト・演出:ヘルガルド・ハウグ

Muenchner Kammerspiele「The Vacuum Cleaner」

2020年5月8日(金)27:00~9日(土)26:59

作・演出:岡田利規

関連記事

岡田利規のほかの記事

リンク