ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

未来へつなげる思い込めて、栗田芳宏&松田岳主演「Dr.コルチャック」開幕

284

「Dr.コルチャックと子どもたち」より。

「Dr.コルチャックと子どもたち」より。

「Dr.コルチャックと子どもたち」が、昨日3月21日に東京・あうるすぽっとで開幕した。

「Dr.コルチャックと子どもたち」は、1995年に劇団ひまわりと朝日新聞社が「コルチャック先生」のタイトルで初演した作品。第二次世界大戦時、ユダヤ人迫害の波が押し寄せるポーランドを舞台に、200人の孤児たちと自ら運命を共にした実在の人物ヤヌシュ・コルチャックの姿を描く。脚本・演出を栗田芳宏が務め、出演者にはコルチャック役をWキャストで務める栗田と松田岳のほか、日向薫、家中宏田渕法明石田直也新正俊らが名を連ねた。また宮野真守大塚明夫が声の出演で参加する。

3月20日に行われた囲み取材で栗田は、今回“演出の色を見せない、シンプルなものを作ること”を大切にしたと話し、「一場面一場面、生きていた人が発した言葉をセリフとしてしゃべるので、演出家として、どのシーンにも心を込めた。最後に握手をするシーンがありますが、そこには“敵味方ない”という未来へつなげる思いで作りました」と語った。

自身の役柄について、日向は「ステファは先生として子供を守っていく時代に翻弄された人。なので、『こういう状態だから1日1日を大切にしよう』というセリフを大切に演じたい」と思いを述べ、松田は「大佐として、ドイツ軍として、コルチャックは大きな存在。“戦争”というものを背負っているつもりで演じています」と言葉に力を込める。

田渕は「“子供たちの未来を守る”というメッセージを軸に、大人としての責任を全うするということを作品として届けたい」、石田は「1日1日毎日当たり前じゃない、大切に過ごしていかなければということと、それを僕以外の人にも伝えていくことを目標に、責任を持って演じたい」とコメント。新は「平和な世の中に生きている今、戦争の実話をやることに意味があると思います」と本作を上演する重要性に触れた。

上演時間は、休憩ありの約2時間30分。東京公演は3月30日まで行われ、本作はそのあと、4月9日から12日まで大阪・ナレッジシアター、5月9・10日に新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館で上演される。

「Dr.コルチャックと子どもたち」

2020年3月21日(土)~30日(月)
東京都 あうるすぽっと

2020年4月9日(木)~12日(日)
大阪府 ナレッジシアター

2020年5月9日(土)・10日(日)
新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館

脚本・演出:栗田芳宏
演出コーディネート:大塚雅史
音楽:加藤登紀子
出演:栗田芳宏、松田岳、日向薫、家中宏(友情出演)、田渕法明石田直也新正俊 / 新津ちせ(子役)、川原瑛都(子役)ほか
声の出演:宮野真守大塚明夫(友情出演)

※松田岳は東京・大阪公演のみ出演。
※家中宏、新津ちせ、川原瑛都は東京公演のみの出演。

ステージナタリーをフォロー