山本裕典主演「カレイドスコープ」、ミステリアスなメインビジュアルとPV解禁

71

舞台「カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐」のメインビジュアルとPVが公開された。

舞台「カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐」メインビジュアル

舞台「カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐」メインビジュアル

大きなサイズで見る(全13件)

このたび解禁されたのは、主演の山本裕典はじめ、出演者一同がミステリアスな雰囲気をまとい佇むメインビジュアルと、物語にまつわる重要な謎とメッセージが隠されたPVだ。ストーリーの鍵となるのは、謎の死を遂げた少女(木村心静)。メインビジュアルには少女の父親(富田翔)と、その親友(山本)を中心に、容疑者の青年(桑野晃輔)、事件の真相を追う記者(君沢ユウキ)、 被害者家族を支援する男(磯貝龍乎)、検事(輝馬)、担任(山田ジェームス武)、少女の叔母(西丸優子)、その娘(大島涼花)らが並ぶ。

本作は、劇団時間制作の谷碧仁が脚本、吉谷光太郎が演出を担当する“オリジナル密室劇”。公演は2月20日から3月1日まで東京・新宿FACEにて行われる。

この記事の画像・動画(全13件)

舞台「カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐」

2020年2月20日(木)~3月1日(日)
東京都 新宿FACE

脚本:谷碧仁
演出:吉谷光太郎
出演:山本裕典桑野晃輔磯貝龍乎輝馬山田ジェームス武 / 西丸優子大島涼花、木村心静 / 君沢ユウキ富田翔

全文を表示

関連記事

山本裕典のほかの記事

リンク

(c)ポリゴンマジック