Plant M、過去作「君ヲ泣ク」「ラズベリーシャウト」を2本立てで上演

16

Plant M「『君ヲ泣ク』×『ラズベリーシャウト』」が、2月11日から23日まで大阪・ウイングフィールドで上演される。

Plant M No.15 Plant M的終末Blues特集vol.1「『君ヲ泣ク』×『ラズベリーシャウト』」チラシ表

Plant M No.15 Plant M的終末Blues特集vol.1「『君ヲ泣ク』×『ラズベリーシャウト』」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

Plant Mは、樋口ミユが代表を務める個人ユニット。“Plant M的終末Blues”と銘打った再演シリーズの第1弾となる今回は、2015年初演の「君ヲ泣ク」と2018年初演の「ラズベリーシャウト」を回替わり、2本立てで上演する。

「君ヲ泣ク」では、戦争に突入した未来の日本を舞台に、三人姉妹とその弟のストーリーが展開。一方の「ラズベリーシャウト」では、人々が宇宙で生活する世界を舞台に、地球に住み続ける人々へ、“最後通告”を伝える元宇宙飛行士の男を軸とした物語が繰り広げられる。

この記事の画像(全2件)

Plant M No.15 Plant M的終末Blues特集vol.1「『君ヲ泣ク』×『ラズベリーシャウト』」

2020年2月11日(火・祝)~23日(日・祝)
大阪府 ウイングフィールド

作・演出:樋口ミユ

「君ヲ泣ク」

出演:ののあざみ、松村里美、高道屋沙姫、岸本昌也

※高道屋沙姫の「高」は、はしご高が正式表記。

「ラズベリーシャウト」

出演:橋本浩明、千田訓子有北雅彦、中野聡、石畑達哉、出口弥生

全文を表示

Plant Mのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 Plant M / 樋口ミユ / 岸本昌也 / 千田訓子 / 有北雅彦 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします