ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

別冊「根本宗子」が連続上演する「女の子のための現代演劇」、英語劇が幕開け

240

別冊「根本宗子」第8号「『THE MODERN PLAY FOR GIRLS』女の子のための現代演劇」「Whose playing that “ballerina”? そのバレリーナの公演はあの子のものじゃないのです。(English ver.)」より。

別冊「根本宗子」第8号「『THE MODERN PLAY FOR GIRLS』女の子のための現代演劇」「Whose playing that “ballerina”? そのバレリーナの公演はあの子のものじゃないのです。(English ver.)」より。

別冊「根本宗子」第8号「『THE MODERN PLAY FOR GIRLS』女の子のための現代演劇」から「Whose playing that “ballerina”? そのバレリーナの公演はあの子のものじゃないのです。(English ver.)」が、昨日1月22日に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオで開幕した。

「『THE MODERN PLAY FOR GIRLS』女の子のための現代演劇」は、根本宗子が“女子”たちの内情にアプローチした2作品を連続上演する企画。昨日幕を開けた「Whose playing that “ballerina”? そのバレリーナの公演はあの子のものじゃないのです。(English ver.)」は、2016年に初演された「バー公演じゃないです。~そのバレリーナの公演はあの子のものじゃないのです。」の英語版として、日本語字幕付きで上演される。日本の女の子たちの友情や葛藤を描いた同作には、アヤカ・ウィルソン、まりあ、豊原江理佳、川村瑞樹がキャスティングされた。

なお今回上演される2作は共に、ニットブランド縷縷夢兎の東佳苗による舞台装飾が施された同一セットで披露される。根本は自身のTwitterで「縷縷夢兎の世界の中でお届けする根本宗子演劇をご堪能あれ」とコメント。「Whose playing that “ballerina”? そのバレリーナの公演はあの子のものじゃないのです。(English ver.)」の上演時間は約1時間15分。公演は26日まで行われ、その後、新作「超、Maria」が1月29日から2月2日まで上演される。

別冊「根本宗子」第8号「『THE MODERN PLAY FOR GIRLS』女の子のための現代演劇」

「Whose playing that “ballerina”? そのバレリーナの公演はあの子のものじゃないのです。(English ver.)」

2020年1月22日(水)~26日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

作・演出:根本宗子
舞台装飾:東佳苗
出演:アヤカ・ウィルソン、まりあ、豊原江理佳、川村瑞樹

「超、Maria」

2020年1月29日(水)~2月2日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

作・演出:根本宗子
舞台装飾:東佳苗 
音楽:小春(チャラン・ポ・ランタン
出演:もも(チャラン・ポ・ランタン)、根本宗子
演奏:小春とカンカンバルカン楽団

ステージナタリーをフォロー