ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

チャラン・ポ・ランタンもも&根本宗子の二人芝居「超、Maria」開幕

524

別冊「根本宗子」第8号「『THE MODERN PLAY FOR GIRLS』女の子のための現代演劇」より、「超、Maria」の様子。

別冊「根本宗子」第8号「『THE MODERN PLAY FOR GIRLS』女の子のための現代演劇」より、「超、Maria」の様子。

別冊「根本宗子」第8号「『THE MODERN PLAY FOR GIRLS』女の子のための現代演劇」より、「超、Maria」が本日1月29日に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオで開幕した。

「『THE MODERN PLAY FOR GIRLS』女の子のための現代演劇」は、根本宗子が“女子”たちの内情にアプローチした2作品を連続上演する企画。1月22日から26日までは「Whose playing that “ballerina”? そのバレリーナの公演はあの子のものじゃないのです。(English ver.)」が上演された。

本日幕開けした新作の「超、Maria」は、根本とチャラン・ポ・ランタンのももが出演する二人芝居。劇中では、チャラン・ポ・ランタンの小春とカンカンバルカン楽団による生演奏に乗せて、“赦し”をテーマとした物語が展開される。舞台装飾は、「Whose playing that “ballerina”? そのバレリーナの公演はあの子のものじゃないのです。(English ver.)」に引き続き、ニットブランド・縷縷夢兎の東佳苗が手がけている。

「超、Maria」の上演時間は約1時間10分を予定。公演は2月2日まで行われる。

別冊「根本宗子」第8号「『THE MODERN PLAY FOR GIRLS』女の子のための現代演劇」

「Whose playing that “ballerina”? そのバレリーナの公演はあの子のものじゃないのです。(English ver.)」

2020年1月22日(水)~26日(日)※公演終了
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

作・演出:根本宗子
舞台装飾:東佳苗
出演:アヤカ・ウィルソン、まりあ、豊原江理佳、川村瑞樹

「超、Maria」

2020年1月29日(水)~2月2日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

作・演出:根本宗子
舞台装飾:東佳苗
音楽:小春(チャラン・ポ・ランタン
出演:もも(チャラン・ポ・ランタン)、根本宗子
演奏:小春とカンカンバルカン楽団

ステージナタリーをフォロー