ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ハチマキを巻いた目次立樹、ゴジゲン新作のビジュアル&追加キャスト解禁

36

ゴジゲン 第16回公演「ポポリンピック」ビジュアル(撮影:関信行)

ゴジゲン 第16回公演「ポポリンピック」ビジュアル(撮影:関信行)

ゴジゲン「ポポリンピック」の追加キャストと新たなビジュアルが解禁された。

出演が決定したのは、劇団献身の木村圭介。このたび公開されたビジュアルには、ハチマキを巻いた目次立樹や、キャストたちの姿が収められている。

松居大悟が作・演出を手がける「ポポリンピック」は、オリンピックとパラリンピックから着想を得て名付けられたというゴジゲンの新作公演。公演は12月から2020年2月にかけて福岡、東京、北海道、京都の4都市で行われ、チケットは11月9日10:00に発売される。

松居大悟コメント

生きていると選んだり選ばれたりするけれど、そもそもこの世界に選ばれた時点で素晴らしいことです。ちょっとヤバい奴みたいですが、もはや僕らが信じられるのは、そこに確実にある人の体温と匂い。つまり小劇場ですね。
11年目のゴジゲンは劇場規模を小さくして、沢山の町を回ります。
10年ぶりのこまばアゴラ劇場(3週間のロングラン!)、生まれ育った福岡で念願のイムズホール(イムズ30周年!)、北海道のシアターZOO(最強の故郷!)に初めて劇を持っていけること、京都のTHEATRE E9 KYOTO(できたばかりの劇場!)でやれること、すごく楽しみです。
ポポリンピック、オリンピックとパラリンピックの狭間のイメージでタイトルをつけました。このように国と時代に媚びへつらいながら、軽やかに識者を無視して面白いものを作りたいです。客演には日本のライアン・ゴズリングと名高い劇団献身の木村圭介を招きます。
選ばれる土俵にすら立てなかった男たちの、スポーツレジスタンス。
たくさんの笑顔に出会えますように。よろしくお願いします。

ゴジゲン 第16回公演「ポポリンピック」

2019年12月21日(土)・22日(日)
福岡県 イムズホール

2020年1月3日(金)~21日(火)
東京都 こまばアゴラ劇場

2020年1月25日(土)~27日(月)
北海道 シアターZOO

2020年2月8日(土)・9日(日)
京都府 Theatre E9 Kyoto

作・演出:松居大悟
出演:目次立樹奥村徹也東迎昂史郎、松居大悟、本折最強さとし善雄善雄木村圭介

ステージナタリーをフォロー