ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

別役実作品を再構成、演劇ユニットnoyR「重奏 マッチ売りの少女」

107

演劇ユニットnoyR「重奏 マッチ売りの少女」が、10月19・20日に神奈川・若葉町ウォーフで上演される。

大木実奈、仲道泰貴、吉川剛史からなるnoyRは、古典戯曲や近代戯曲を現代版に脚色・潤色している演劇ユニット。構成・演出をPlant Mの樋口ミユ、音楽を棚川寛子が手がける「重奏 マッチ売りの少女」は、別役実原作「マッチ売りの少女」を再構成したもので、大木、仲道、平井光子、内田健介が出演するほか、大間知賢哉、岸本昌也、黒木佳奈がパフォーマーとして参加する。

noyR vol.8「重奏 マッチ売りの少女」

2019年10月19日(土)・20日(日)
神奈川県 若葉町ウォーフ

原作:別役実
構成・演出:樋口ミユ
音楽:棚川寛子
出演:大木実奈、仲道泰貴、平井光子、内田健介
パフォーマー:大間知賢哉、岸本昌也、黒木佳奈

ステージナタリーをフォロー