野良猫目線で語る旅籠屋の女たちの暮らし、ポかリン記憶舎「ミチカケ」

13

ポかリン記憶舎の朗読劇「ミチカケ」が、10月26・27日に東京・品川区立品川歴史館 書院で上演される。

ポかリン記憶舎 朗読劇「ミチカケ」チラシ表

ポかリン記憶舎 朗読劇「ミチカケ」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

1997年に活動を開始したポかリン記憶舎は、“地上3cmに浮かぶ楽園”を指標に活動する団体。作・演出を明神慈が手がける本作では、幕末の品川宿を舞台に、旅籠屋の飯盛女たちの暮らしが野良猫の目線で語られる。出演者には朗読・唄を務める町田カナ、笛・三味線を担当する木村俊介が名を連ねた。

この記事の画像(全2件)

ポかリン記憶舎 朗読劇「ミチカケ」

2019年10月26日(土)・27日(日)
東京都 品川区立品川歴史館 書院

作・演出:明神慈
朗読・唄:町田カナ
笛・三味線:木村俊介

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 町田カナ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします