ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

“俺は土からカネを作る!”佃典彦×松本祐子が描く、文学座「一銭陶貨」

112

文学座「一銭陶貨 ~七億分の一の奇跡~」が、10月18日から27日まで東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAで上演される。

作を佃典彦、演出を文学座の松本祐子が手がける本作では、第二次世界大戦末期に金属不足への対応策として打ち出されたものの、結局発行されることがなかった陶器の貨幣“一銭陶貨”を中心とした物語が展開する。

舞台は昭和19年の愛知・瀬戸。加藤家は代々続いてきた陶芸家の家系として、町で一目置かれる存在だった。あるとき、陶器会社の井上が「大蔵省が陶器貨幣を発行することを決定し、有田と瀬戸が製造地として選定された」と知らせを持ってくる。足が不自由で陶芸の才能にも恵まれなかった加藤家の次男・昭二はこれを聞き、今までの鬱積のすべてを陶貨作りにぶつけようとするが……。チラシ表には「兄貴が土から宝物を作るなら、俺は土からカネを作る!」とキーワードが記された。

文学座「一銭陶貨 ~七億分の一の奇跡~」

2019年10月18日(金)~27日(日)
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

作:佃典彦
演出:松本祐子
出演:鵜澤秀行、中村彰男、高橋ひろし、亀田佳明、奥田一平、奥山美代子吉野実紗、平体まひろ

※吉野実紗の「吉」はつちよしが正式表記。

ステージナタリーをフォロー