北村想×柄本明、東京乾電池が「寿歌」を上演

176

劇団東京乾電池「寿歌」が、10月24日から27日まで東京・アトリエ乾電池で上演される。

劇団東京乾電池 アトリエ公演「寿歌」チラシ

劇団東京乾電池 アトリエ公演「寿歌」チラシ

大きなサイズで見る(全2件)

北村想作「寿歌」は、核戦争後の世界を舞台にした物語。がれきの中、家財道具をリヤカーに積み旅を続けるゲサクとキョウコ、そしてヤスオの姿が描かれる。

劇団東京乾電池のアトリエ公演として上演される今回は、柄本明が演出を担当。西本竜樹江口のりこ、血野滉修の3人が出演する。

この記事の画像(全2件)

劇団東京乾電池 アトリエ公演「寿歌」

2019年10月24日(木)~27日(日)
東京都 アトリエ乾電池

作:北村想
演出:柄本明
出演:西本竜樹江口のりこ、血野滉修

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

劇団東京乾電池のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 劇団東京乾電池 / 北村想 / 柄本明 / 西本竜樹 / 江口のりこ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします