DIAMOND☆DOGS「ODYSSEY」開幕に東山義久「前回を更に上回る情熱を」

276

DIAMOND☆DOGS「ENTERTAINMENT SUPER DANCE THEATER『ODYSSEY』」が、昨日9月18日に東京・博品館劇場で開幕した。

DIAMOND☆DOGS「ENTERTAINMENT SUPER DANCE THEATER『ODYSSEY』」より。(撮影:宮川舞子)

DIAMOND☆DOGS「ENTERTAINMENT SUPER DANCE THEATER『ODYSSEY』」より。(撮影:宮川舞子)

大きなサイズで見る(全5件)

DIAMOND☆DOGS「ENTERTAINMENT SUPER DANCE THEATER『ODYSSEY』」より。(撮影:宮川舞子)

DIAMOND☆DOGS「ENTERTAINMENT SUPER DANCE THEATER『ODYSSEY』」より。(撮影:宮川舞子)[拡大]

「すべての出演ダンサーが“主役”」をキャッチコピーに掲げる本作では、出演者1人ひとりのキャラクターを重視し、彼らの意見を反映しながら作られたダンスパフォーマンスが繰り広げられる。開幕に際しDIAMOND☆DOGSの東山義久は、2013年に発表された「SHOW CASE『ODYSSEY』」を「ダンサー達の才能と才能のぶつかり合い、コラボレーションと言う名のプライドをかけた戦いであったような気がします」と振り返りつつ、「前回を更に上回る情熱、パフォーマンスをもって皆様に感動をお届けしたいと思います」とメッセージを送った。

本作では構成・演出・振付をDIAMOND☆DOGSの面々が手がけ、植木豪、長澤風海、木野村温子も振付に参加。出演者にはDIAMOND☆DOGSのほか、長澤、法月康平木村咲哉、RIHITO、浅川文也が名を連ねた。上演時間は休憩20分を含む1時間50分。公演は9月23日まで行われる。

東山義久コメント

DIAMOND☆DOGS「ENTERTAINMENT SUPER DANCE THEATER『ODYSSEY』」より。(撮影:宮川舞子)

DIAMOND☆DOGS「ENTERTAINMENT SUPER DANCE THEATER『ODYSSEY』」より。(撮影:宮川舞子)[拡大]

2013年に発表させていただいたSHOW CASE「ODYSSEY」
それはダンサー達の才能と才能のぶつかり合い、コラボレーションと言う名のプライドをかけた戦いであったような気がします。
またそれは自分自身、それまでのダンサーとしての軌跡を辿る旅でした。
そして今回、2度目の上演となる「ODYSSEY」。
ENTERTAINMENT SUPER DANCE THEATERという装いも新たに、前回を更に上回る情熱、パフォーマンスをもって皆様に感動をお届けしたいと思います。

この記事の画像(全5件)

DIAMOND☆DOGS「ENTERTAINMENT SUPER DANCE THEATER『ODYSSEY』」

2019年9月18日(水)~23日(月・祝)
東京都 博品館劇場

構成・演出・振付:D☆D
音楽:TAKA
振付:植木豪、長澤風海、木野村温子
出演:東山義久 / 中塚皓平和田泰右咲山類廣瀬真平新開理雄、Homer / 長澤風海、法月康平木村咲哉、RIHITO、浅川文也

全文を表示

関連記事

DIAMOND☆DOGSのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 DIAMOND☆DOGS / 東山義久 / 中塚皓平 / 和田泰右 / 咲山類 / 廣瀬真平 / 新開理雄 / 長澤風海 / 法月康平 / 木村咲哉 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします