ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

渡辺えりの戯曲集が発売決定、収録作品は「月にぬれた手」「天使猫」の2編

126

渡辺えりの戯曲集「渡辺えり3――月にぬれた手 / 天使猫」が、8月6日に早川書房より発売される。

本書には、高村光太郎と宮沢賢治をそれぞれモチーフに描いた渡辺による戯曲「月にぬれた手」「天使猫」の2編が収録される。価格は1620円。

本の帯には、8月7日から公演がスタートするオフィス3◯◯「私の恋人」に出演するのんから、「私は、えりさんの作品に触れることが出来て良かったなあ……そんな風に感じて胸が熱くなりました」とコメントが寄せられている。

のん コメント

えりさんの作品から受ける感動は、トラウマとなって記憶に刻まれるような衝撃があります。 色んな思考が渦巻いて、見る人を惑わせて不安にさせて、心をかき乱してくる。その中に見えてくる希望が心地いい。ファンタジーな世界が入り乱れる天使猫と、悪夢のように語られる月にぬれた手。 私は、えりさんの作品に触れることが出来て良かったなあ……そんな風に感じて胸が熱くなりました。

ステージナタリーをフォロー