「DANCE DANCE ASIA」アジアの“今”語る3TとNikii作品のリハーサル公開

24

「DANCE DANCE ASIA―Crossing the Movements 東京公演 2019」の公開リハーサルが、本日6月27日に東京・東京芸術劇場のリハーサルルームで行われた。

「DANCE DANCE ASIA―Crossing the Movements 東京公演 2019」公開リハーサルより。

「DANCE DANCE ASIA―Crossing the Movements 東京公演 2019」公開リハーサルより。

大きなサイズで見る(全25件)

「What if…Just dance それでも僕はダンスを続けていく」のキャスト・スタッフ。

「What if…Just dance それでも僕はダンスを続けていく」のキャスト・スタッフ。[拡大]

「Inception―夢のまた夢のまた夢のまた夢…」のキャスト・スタッフ。

「Inception―夢のまた夢のまた夢のまた夢…」のキャスト・スタッフ。[拡大]

2014年にスタートした「DANCE DANCE ASIA」は、ストリートダンスを通してアジアのダンサーの交流を促進すると共に、ストリートダンスを軸とした舞台作品の共同制作を行うプロジェクト。今年19年は、日本と東南アジアの文化交流の祭典「響きあうアジア」のメインプログラムの1つとして行われる。

「Inception―夢のまた夢のまた夢のまた夢…」より。

「Inception―夢のまた夢のまた夢のまた夢…」より。[拡大]

リハーサルでは、タイのNikiiが振付・演出を手がける「Inception―夢のまた夢のまた夢のまた夢…」と、ベトナムの3Tが振付・演出を担当する「What if…Just dance それでも僕はダンスを続けていく」が披露された。

「Inception」は、出演者であるGAMEZ(タイ)、KEIN(日本)、MC Buck(ベトナム)、Topiek SmallBlack(ラオス)、VI VIEN(マレーシア)が、今回のクリエーションで仲を深めていく過程が、そのまま作品に落とし込まれている。作中では、縄跳びや風船などの小道具を使いながら、出演者それぞれのキャラクターのエピソードがポップに紡がれた。また、ヒューマンビートボックスとして参加するWadafu*k(タイ)のパフォーマンスや、観客に配られる風船など、さまざまな仕掛けも楽しい作品になっている。

「Inception―夢のまた夢のまた夢のまた夢…」より。

「Inception―夢のまた夢のまた夢のまた夢…」より。[拡大]

リハーサルを終えたNikiiは、「夢の形は人それぞれ。今回はそれを、風船に変えて表現しました」と本作のテーマについて語り、上演中に一部の観客へ配られる風船にメッセージが付いていることを補足する。サンプルで読み上げられたテキストには、「あなたはあの人にはなれない。でもあの人もあなたにはなれない」と記されていた。振付・演出補佐のスズキ拓朗はこれについて、「出演者が1人ひとり、がんばって日本語で書いたんですよ」と笑顔で付け足した。

「What if…Just dance それでも僕はダンスを続けていく」より。

「What if…Just dance それでも僕はダンスを続けていく」より。[拡大]

続いて披露された「What if…Just dance」は、東南アジアの男性の抱える“生き辛さ”をテーマにした作品。駅で流れる電車のアナウンス音をBGMに、目と耳、そして口を押さえながら、CANCEL(ベトナム)、Cheno(タイ)、C-Lil(ラオス)、GEN ROC(日本)、Sakyo(日本)が激しいダンスを繰り広げる。作品の後半では、男性が背負う“責任”についての問いが多言語で直接的に演者へ投げかけられ、演者はそれにダンスで呼応した。

「What if…Just dance それでも僕はダンスを続けていく」より。

「What if…Just dance それでも僕はダンスを続けていく」より。[拡大]

3Tは「若い頃はストリートで踊っていても、家庭を持ったらダンスは辞めるのが(暗黙の)社会のルール。職業として認められるのは難しい」とベトナムで表現者でいることの難しさを述べ、「この現状について理解を求める助けになれば」と今回のコンセプトを明かす。振付・演出補佐のKATSUYAは、「素晴らしいコンセプトだと思った」と続き、「この作品をさらにいいものにする色付けができたら」と意気込みを語った。

「DANCE DANCE ASIA―Crossing the Movements 東京公演 2019」は、7月12日から14日まで東京芸術劇場 シアターウエストにて。上記2チームのほか、KITEとFISHBOYのユニット・Crazy Rollersや、GANMI、kEnkEnのチームも参加し、各回3作品が上演される。

この記事の画像(全25件)

「DANCE DANCE ASIA―Crossing the Movements 東京公演 2019」

2019年7月12日(金)~14日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

6週間のクリエーションによる共同制作2作品

「What if…Just dance それでも僕はダンスを続けていく」
振付・演出:3T(ベトナム)
振付・演出補佐:KATSUYA(日本)
音楽:SNG(日本)
出演:CANCEL(ベトナム)、Cheno(タイ)、C-Lil(ラオス)、GEN ROC(日本)、Sakyo(日本)

「Inception―夢のまた夢のまた夢のまた夢…」
振付・演出:Nikii(タイ)
振付・演出補佐:スズキ拓朗(日本)
出演:GAMEZ(タイ)、KEIN(日本)、MC Buck(ベトナム)、Topiek SmallBlack(ラオス)、VI VIEN(マレーシア)、Wadafu*k(タイ)

日本×アジア スペシャルユニット3作品

「Non-fiction」
振付・演出:Crazy Rollers(日本)
出演:KITE(日本)、FISHBOY(日本)、Marzipan(シンガポール)、MTpop(ベトナム)、HIRONA(日本)、Kru Add The Salor(タイ)、雅勝(日本)

「GANMI GAKUEN」
振付・演出:GANMI(日本)
出演:GANMI(日本)、Les Paul Sanez-MVMEANT(フィリピン)、Melrein Viado - MVMEANT(フィリピン)、Kyle Collantes-MVMEANT(フィリピン)

「free-style」
振付・演出:kEnkEn(日本)
出演:kEnkEn(日本)、Liang(シンガポール)、JUMPEI(日本)、RenZ(フィリピン)、Te Double Dy(マレーシア)

※上記5作品の内、各回3作品を上演。

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

スズキ拓朗のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 スズキ拓朗 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします