ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

谷口賢志、有澤樟太郎&井上小百合に期待「演劇界を背負う存在になる」

3160

高橋悠也×東映 シアタープロジェクト TXT vol.1「SLANG」囲み取材より。

高橋悠也×東映 シアタープロジェクト TXT vol.1「SLANG」囲み取材より。

高橋悠也が作・演出を手がける「SLANG」が、本日6月20日に東京・よみうり大手町ホールで開幕。これに先駆け、公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

TXT(テキスト)は、「仮面ライダーエグゼイド」でメインライターを務めた高橋と、東映による新プロジェクト。同プロジェクトの第1弾公演「SLANG」では、誰もが“個人チャンネル”を持ち、睡眠時に見る夢を世界中に配信できる世界を舞台に、ユーザーにさまざまなジャンルの夢を公開する“夢人(ユメジン)”たちの物語が描かれる。

囲み取材には、カラフルな衣装をまとったメインキャスト、そして高橋が出席。今作が舞台初主演作となる有澤樟太郎は「強力なキャスト・スタッフの皆さんと、1から作品を作ってきました。カンパニーの熱意と本作のテーマである“言葉”に込められた思いが、お客様に届けばいいなと思っています」と言葉に力を込める。続く井上小百合(乃木坂46)は「SNSの使い方が多様化している時代に、この作品をやることはとても意味があると思います。若い方々にぜひ観ていただきたいです」とアピールし、和田琢磨は「千秋楽まで作品を成長させて、より多くの方に『SLANG』の世界を知っていただきたいです」と意気込みを語った。

北村諒は「このキャスト・スタッフで、オリジナルの作品を新たに作ることができたのが刺激的でした。個人的に(赤澤)燈との関係性を楽しみに観てほしいです」と隣の赤澤燈に視線を送る。赤澤は北村のコメントに同意しながら、「ご覧の通り、衣装がとても凝っているんですよ。この独特な世界観自体が見どころです」と笑顔を見せた。

「仮面ライダーエグゼイド」で檀黎斗 / 仮面ライダーゲンム役を演じた岩永徹也は「高橋さんとまた一緒にお仕事をすることができてうれしいです。今回の『SLANG』でも、檀黎斗のように愛してもらえるキャラクターを生み出せたら」とコメント。また岩永は、司会者から見どころを問われた際に、「何を言おうと思っていたか忘れちゃいました……」としょんぼりした表情を見せたあと、頭部に付けた電飾をピカッと光らせて、「あ! 思い出した!」とひと芝居打ってキャスト陣を笑わせつつ、「ネタバレになるので詳しくは言えないのですが、あるシーンを観たとき、お客さんから悲鳴があがるんじゃないかとドキドキしています」と楽しそうに答えた。

“2019”と形取ったメガネをかけた谷口賢志は「41歳になりましたが、生きているといろいろな仕事と向き合っていかないといけないということを実感しています」と冗談交じりにコメントしながら、「このメンバーとじっくり作り込んだ作品なので自信があります。楽しんでいただけたら」と観客に呼びかける。また共演者の有澤と井上について、「今後、このお二人は演劇界を背負う存在になっていくと思う。僕らが彼らにどんな影響を与えて、そしてどんな言葉を言わせることができるのか、ぜひ注目してください」と熱弁した。

最後に高橋は「脚本家として“言葉”と向き合ってきた中で、どのメディアにも出せなかった自分の思いを、今回舞台という形でアウトプットさせていただきました」と思いを吐露し、「『SLANG』では、皆さんそれぞれに2役を演じていただいています。2つの役がどう交差するのかを楽しんでいただければ。僕も脚本家と演出家という2役に挑戦しながら、この作品を世の中にぶつけていきたいです」と意気込みを語った。

上演時間は休憩なしの約1時間45分。公演は6月30日まで。

高橋悠也×東映 シアタープロジェクト TXT vol.1「SLANG」

2019年6月20日(木)~30日(日)
東京都 よみうり大手町ホール

作・演出:高橋悠也
出演:有澤樟太郎井上小百合(乃木坂46)、和田琢磨 / 北村諒赤澤燈岩永徹也谷口賢志 / 黒川一樹、勝亦利恵、的場祐太

ステージナタリーをフォロー