「フェスティバル/トーキョー19」開催決定、テーマは“からだの速度で”

58

「フェスティバル/トーキョー19」が、10月5日から11月10日まで開催されることが決定した。

左からディレクターの長島確、共同ディレクターの河合千佳。

左からディレクターの長島確、共同ディレクターの河合千佳。

大きなサイズで見る(全2件)

「フェスティバル/トーキョー」は、2009年にスタートした国際舞台芸術祭。長島確がディレクター、河合千佳が共同ディレクターを務める今年2019年は、「からだの速度で」をテーマに、都市でこそ可能な創造と祝祭の形を追求する。

マグダ・シュペフト

マグダ・シュペフト[拡大]

会場は東京・東京芸術劇場、あうるすぽっと、シアターグリーンなど。参加アーティスト情報は6月中旬、プログラムの詳細は7月中旬に発表予定だ。なおオープニングプログラムにおける新たな取り組みとして、豊島区内の複数の商店街と協働したパレードが実施されるほか、ポーランドの若手演出家マグダ・シュペフトによる新作の上演が予定されている。

この記事の画像(全2件)

「フェスティバル/トーキョー19」

2019年10月5日(土)~11月10日(日)
東京都 東京芸術劇場、あうるすぽっと、シアターグリーン ほか

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

長島確のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 長島確 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします