ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

贅沢貧乏、俳優やダンサーと紡ぐ2年ぶりの劇場公演「ミクスチュア」

66

贅沢貧乏「ミクスチュア」ビジュアル

贅沢貧乏「ミクスチュア」ビジュアル

贅沢貧乏の新作「ミクスチュア」が、9月20日から29日まで東京・東京芸術劇場 シアターイーストで上演される。

山田由梨が作・演出を手がける本作は、同劇団にとって2017年の「フィクション・シティー」以来2年ぶりとなる劇場公演。出演者には劇団メンバーの大竹このみ田島ゆみかのほか、青山祥子小日向星一中藤奨、細井じゅん、松澤傑といった俳優の面々や、ダンサーの武井琴、浜田亜衣が名を連ねた。舞台美術を山本貴愛、衣装をmalamuteの小高真理、音楽を金光佑実が担当。上演決定に際し山田は、「前作『わかろうとはおもっているけど』に引き続き、人がカテゴライズされることへの抵抗や違和感について考えていきたいと思っています」とコメントしている。

なお関連イベントとして、7月7日には東京・VACANTで贅沢貧乏の過去作品上映会が行われる。また山田は、同じくVACANTで5月25日に開催されるトークイベント「根本宗子の劇作家四番勝負 presented by ナタリー」に出演予定だ。

山田由梨コメント

今回の新作「ミクスチュア」では、性差をテーマにしていた前作「わかろうとはおもっているけど」に引き続き、人がカテゴライズされることへの抵抗や違和感について考えていきたいと思っています。
ジェンダーや国籍、動物としての種など、カテゴライズすることは“分ける”ことだけど、同時に“同じ”だと認識することだとも思います。
この“同じ”だと思う危うさにもっと意識的になりたいというか……。

キャストは劇団員に加えてオーディションで新たに出会った俳優陣、そしてダンサーにも出演してもらうことになりました。
スタッフは、舞台美術にハイバイ等で活躍されている山本貴愛さん、衣装にわたしの大好きなブランドmalamuteの小高真理さん、音楽は前回に引き続き金光佑実さんにお願いします。
2年ぶりの東京芸術劇場、集大成というより全く新しいことに挑む気持ちで作ります。
7月7日にはトークイベントと過去作品の上映会も企画しているので、ぜひ遊びに来てください!!

※小高真理の「高」ははしごだかが正式表記。

贅沢貧乏「ミクスチュア」

2019年9月20日(金)~29日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

作・演出:山田由梨
出演:大竹このみ田島ゆみか青山祥子小日向星一中藤奨、細井じゅん、松澤傑、武井琴、浜田亜衣

ステージナタリーをフォロー