水族館劇場の“総力戦”「Nachleben 搖れる大地」開幕、植民地とは何か問う

175

水族館劇場「Nachleben 搖れる大地」が、4月4日に東京・花園神社で開幕した。

水族館劇場「Nachleben 搖れる大地」より。

水族館劇場「Nachleben 搖れる大地」より。

大きなサイズで見る(全8件)

水族館劇場「Nachleben 搖れる大地」より。

水族館劇場「Nachleben 搖れる大地」より。[拡大]

本作の会場となるのは、花園神社境内の特設野外ステージ・大地の牙。臺本・監督を桃山邑が務め、主題歌は頭脳警察PANTAが担当する。開幕に際し桃山は、「変わりゆく時代の節目にお届けする新大陸論」「植民地とはなにかを問いかける水族館劇場総力戦」と本作を紹介した。

水族館劇場「Nachleben 搖れる大地」より。

水族館劇場「Nachleben 搖れる大地」より。[拡大]

上演時間は約2時間20分で、公演は4月16日まで。なお関連イベントとして、4月7日の休演日には桃山らによる対談イベント、および頭脳警察の結成50周年1stライブが花園神社の同会場にて行われる。

桃山邑コメント

水族館劇場「Nachleben 搖れる大地」より。

水族館劇場「Nachleben 搖れる大地」より。[拡大]

変わりゆく時代の節目にお届けする新大陸論。死後の時間にたゆたう幽霊たちの残存の物語。証言するものがほとんど消滅した日本帝国の中国侵略の歴史、満洲国をめぐる、持たざるがゆえに国境を越える貧しき群れと、数十年後の現在、大陸から逆流してくるひとびとが交錯する。植民地とはなにかを問いかける水族館劇場総力戦!

この記事の画像(全8件)

水族館劇場「Nachleben 搖れる大地」

2019年4月4日(木)~6日(土)、8日(月)~16日(火)
東京都 花園神社 境内特設野外舞臺 大地の牙

臺本・監督:桃山邑
主題歌:PANTA
出演:千代次 / 七ッ森左門、秋浜立、高橋明歩、臼井星絢 ほか

全文を表示

関連記事

水族館劇場のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 水族館劇場 / 桃山邑 / 頭脳警察 / PANTA の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします