ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「最遊記歌劇伝-Darkness-」三上俊が光明三蔵役で出演決定

347

6月に上演される「最遊記歌劇伝-Darkness-」に、三上俊が出演することが発表された。

「最遊記歌劇伝」は、峰倉かずやのマンガ「最遊記」シリーズを原作とした作品。三上が過去作に続いて、光明三蔵役で出演する「最遊記歌劇伝-Darkness-」では、死者をよみがえらせる術を持つ異国の司教ヘイゼルのエピソード「ヘイゼル編」のストーリーが描かれる。

今作ではこのほか、玄奘三蔵役を鈴木拡樹、孫悟空役を椎名鯛造、沙悟浄役を鮎川太陽、猪八戒役をさいねい龍二が務め、フィルバート司教役をうじすけ、烏哭三蔵役を唐橋充が演じる。またヘイゼル役には法月康平、ガト役には成松慶彦がキャスティングされた。本作のキャスト別先行チケットは、本日2月28日から3月11日まで受け付けられ、チケットの一般販売は4月20日10:00にスタート。公演は6月6日から14日まで、東京・ヒューリックホール東京にて。

なお2020年早春に上演される「最遊記歌劇伝-Oasis-」には、孫悟空役の椎名、沙悟浄役の鮎川、ヘイゼル役の法月、ガト役の成松に加え、過去作で猪八戒役を演じた藤原祐規が同役で出演する。

「最遊記歌劇伝-Darkness-」

2019年6月6日(木)~14日(金)
東京都 ヒューリックホール東京

原作:峰倉かずや「最遊記」「最遊記 RELOAD」(一迅社)
脚本・演出:三浦香

キャスト

玄奘三蔵:鈴木拡樹
孫悟空:椎名鯛造
沙悟浄:鮎川太陽
猪八戒:さいねい龍二

ヘイゼル:法月康平
ガト:成松慶彦

フィルバート司教:うじすけ
光明三蔵:三上俊
烏哭三蔵:唐橋充
ほか

「最遊記歌劇伝-Oasis-」

2020年早春

原作:峰倉かずや「最遊記」「最遊記 RELOAD」(一迅社)
脚本・演出:三浦香

キャスト

孫悟空:椎名鯛造
沙悟浄:鮎川太陽
猪八戒:藤原祐規

ヘイゼル:法月康平
ガト:成松慶彦
ほか

(c)峰倉かずや・一迅社/最遊記歌劇伝旅社 2019

ステージナタリーをフォロー