ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

エバ・ジェルバブエナ来日公演、奄美大島出身の民謡歌手・里アンナとコラボ

20

「Cuentos de Azucar ~砂糖のものがたり~」より。

「Cuentos de Azucar ~砂糖のものがたり~」より。

エバ・ジェルバブエナ来日公演2019「Cuentos de Azucar ~砂糖のものがたり~」が、3月22日から24日まで東京・東京国際フォーラム ホールC、3月26日に大阪・森ノ宮ピロティホールで開催される。

エバ・ジェルバブエナは、スペイン出身のフラメンコダンサー。1998年に自身のカンパニーを結成して以来多くの作品を発表し、ピナ・バウシュや映画監督のマイク・フィギス、写真家のピーター・リンドバーグら、多分野のアーティストともコラボレートしてきた。昨年2018年夏に初演された本作では、エバは奄美大島出身の民謡歌手・里アンナと共演する。

エバは里について「私は彼女の声に恋をして、彼女と何かを創りたいと思った」と述べ、本作について「異なる場所から来た、異なる言葉・伝統・スタイルを持つ二人の人間が、その違いを共有し、互いを理解しあうような創造を」と思いを語った。なお3月24日公演では、今回の来日のために作られた特別作品「Flamenco Cardinal―フラメンコの粋」が披露される。

エバ・ジェルバブエナ来日公演2019「Cuentos de Azucar ~砂糖のものがたり~」

2019年3月22日(金)~24日(日)
東京都 東京国際フォーラム ホールC
※3月24日(日)は「Flamenco Cardinal ~フラメンコの粋」を上演。

2019年3月26日(火)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

舞踊:エバ・ジェルバブエナ、フェルナンド・ヒメネス
ゲストシンガー:里アンナ(「Cuentos de Azucar ~砂糖のものがたり~」のみ出演)
ギター:パコ・ハラーナ
歌:アルフレード・テハーダ、ミゲル・オルテガ
ドラム:アントニオ・コロネル
太鼓:前田剛史(「Cuentos de Azucar ~砂糖のものがたり~」のみ出演)
パーカッション:ラファエル・エレディア

※「Azucar」のuはアキュートアクセント付きが正式表記。

ステージナタリーをフォロー