ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

河合郁人と辰巳雄大の歌・ダンスに“萌えポイント”も?「トリッパー遊園地」

1735

「トリッパー遊園地」製作発表より、肩を組んで撮影に応じる辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、河合郁人(A.B.C-Z)。

「トリッパー遊園地」製作発表より、肩を組んで撮影に応じる辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、河合郁人(A.B.C-Z)。

河合郁人A.B.C-Z)と辰巳雄大ふぉ~ゆ~)が出演する「トリッパー遊園地」の製作発表が、昨日1月15日に東京都内で行われた。

脚本をせきどみきのぶ、演出を劇団赤鬼の川浪ナミヲが手がける本作は、現代から戦時中へタイムスリップした男と周囲の人々を描く物語。本日の会見には演出の川浪、河合、辰巳のほか、出演者より榎木孝明渋谷天笑純名里沙いしのようこ惣田紗莉渚(SKE48)、そして松竹の安孫子正副社長 / 演劇本部長が出席した

せきどみきのぶのペンネームで脚本も手がける川浪は、10数年前に本作を執筆したきっかけについて「自分が芝居で食べられなかった頃、どう生きていくか考えていた」と述懐し、「戦時中でも前を向いて生きてきた人がいることに励まされた。その気持ちをお客様にも感じてほしい」と創作の意図を明かす。また河合と辰巳について、「2人には歌や踊りを披露してもらいますし、“萌えポイント”も考えております!」と演出プランに言及しながら期待を煽った。

初の舞台単独主演を果たす河合は「あれ、単独主演初めてだったっけ?と思いましたが(笑)、いつも誰かに助けられていたんだな、と」と感慨深げに述べる。タイムスリップを題材とした本作にちなみ、過去に戻れたらやりたいことを記者から尋ねられた河合は、「十代の頃に受けた少年隊さんの舞台『WEST SIDE STORY』のオーディションに再挑戦したい。当時は緊張で失敗してしまって……ジャニー(喜多川)さんに『YOUを呼んだのは失敗だったよ!』って言われてへこんだので、もう一度受けたいです(笑)」とエピソードを披露した。

「“会いに行けるジャニーズ”の辰巳雄大です!」と自己紹介して会場を盛り上げた辰巳は、1944年に生きる山之内ショウヘイを演じるにあたって「以前、戦時中の人物の役をいただいたとき、『無知だったな』と思うことがたくさんあった。ショウヘイをしっかり演じて、皆様も一緒に“トリップ”していただける作品にしたいです」と真摯に語る。河合との共演に向けては「前にご飯を一緒に食べたとき、熱く芝居を語ってて……彼、めんどくさいタイプかもしれないんですけどよろしくお願いします」と共演者に一礼して報道陣を和ませた。

「タイムスリップできたら、江戸時代末期に戻って本物の立ち回りを見たい」と話す榎木は「今回の自分の役割は“存在感”の一言に尽きます。泣ける芝居になると思いますが、楽しいお話なのでご期待ください」と呼びかける。本作の台本の一部を読んだという天笑は「『次はどうなるんだろう……』ってわくわくするような作品です。これ言っちゃいけないと思うんですけど……私は1幕で死にます(笑)」と明かして周囲を笑わせた。

続く純名は「大きな舞台に関わるのはひさしぶり。華やかなエンタテインメントでありながら、平和へのメッセージが込められた作品だと思いますので、それを踏まえてお稽古に励みたいです」と笑顔を見せる。「豪華なキャスティングで、どんな面白いものができるかとわくわく」と胸の内を語るのはいしの。いしのは続けて「女性の力はつらいときこそ大きく、深く、強くなるものだと思います。そのことを作品の中で表現できたら」と抱負を口にした。さらにグループ活動以外で舞台に立つのが初めてだというSKE48の惣田は、「舞台に立つのは夢だったので、叶ってうれしい。たくさん学ばせていただいて、一生懸命がんばります」と元気いっぱいにコメントした。

会見後の囲み取材には、河合と辰巳が出席した。河合は、今回の会場となる東京・新橋演舞場に立ち続けてきた滝沢秀明に連絡したことを明かし、「滝沢くんからは『そうなんだ』ってあっさりした返事が来て……(笑)」と話す。すると辰巳が「Snow Manの『滝沢歌舞伎 ZERO』の演出で忙しいとは思いますが、滝沢くんには『観に来てください』ってしつこく連絡したいですね!」と力強く述べ、報道陣を笑わせた。

また辰巳が「この『トリッパー遊園地』、松竹さんでぜひ映画版も考えていただけたら」と期待をのぞかせると、河合は「映画では、俺じゃなくてとっつー(A.B.C-Zの戸塚祥太)にキャスト交替してるかも」と呟く。これを受けた辰巳が「俺の役も福ちゃん(ふぉ~ゆ~の福田悠太)に替わってるかも……それとも京本大我(SixTONES)あたり……? いや、やめてよ! この2人でがんばっていきたい!」と慌てた様子で続けると、会見場はひと際大きな笑いで包まれた。

公演は3月15日から23日まで新橋演舞場、30日に岐阜・可児市文化創造センター、31日に愛知・豊田市民文化会館、4月3日から7日まで大阪・大阪松竹座で行われる。チケットの一般販売は1月20日10:00にスタート。

「トリッパー遊園地」

2019年3月15日(金)~23日(土)
東京都 新橋演舞場

2019年3月30日(土)
岐阜県 可児市文化創造センター

2019年3月31日(日)
愛知県 豊田市民文化会館

2019年4月3日(水)~7日(日)
大阪府 大阪松竹座

脚本:せきどみきのぶ
演出:川浪ナミヲ
音楽:岸田敏志
出演:河合郁人A.B.C-Z)、辰巳雄大ふぉ~ゆ~)/ 惣田紗莉渚(SKE48)、いしのようこ純名里沙渋谷天笑 / 榎木孝明 ほか

ステージナタリーをフォロー