ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

宮崎駿のオリジナル作品「最貧前線」が舞台化、主演は内野聖陽

734

「最貧前線」ビジュアル(C)Studio Ghibli

「最貧前線」ビジュアル(C)Studio Ghibli

宮崎駿のオリジナル作品「最貧前線」が、内野聖陽主演で初舞台化される。

本作は、茨城・水戸芸術館の開館30周年記念事業として上演されるもの。「最貧前線」は、1980年代から90年代にかけて模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」(大日本絵画)にて不定期連載された「宮崎駿の雑想ノート」のエピソードの1つで、太平洋戦争末期の日本を舞台に、特設監視艇として突如太平洋に送り出されることになった漁船・吉祥丸の乗組員たちの姿が描かれる。内野が演じるのは、若きエリート軍人たちと対立しつつも、仲間の漁師たちを家族の待つ母港に帰そうと努力する船長だ。

脚本は水戸芸術館 ACM劇場芸術監督の井上桂、演出はNHKエンタープライズ エグゼクティブディレクターの一色隆司が担当。公演は、8月末から10月にかけて水戸芸術館 ACM劇場、東京・世田谷パブリックシアターほか6カ所を予定している。詳細は続報を待とう。

水戸芸術館ACM劇場プロデュース 水戸芸術館開館30周年記念事業「『宮崎駿の雑想ノート』より『最貧前線』」

2019年8月末~10月
茨城県 水戸芸術館 ACM劇場
東京都 世田谷パブリックシアター ほか6カ所

原作:宮崎駿「最貧前線」(「宮崎駿の雑想ノート」(大日本絵画)より)
脚本:井上桂
演出:一色隆司
出演:内野聖陽
原作掲載:月刊モデルグラフィックス
協力:スタジオジブリ

ステージナタリーをフォロー