ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

林明寛らが織りなす“笑いあり涙あり”の人情物語「もーれつア太郎」開幕

543

舞台「もーれつア太郎 木枯らしに踊る花吹雪」ゲネプロより。

舞台「もーれつア太郎 木枯らしに踊る花吹雪」ゲネプロより。

舞台「もーれつア太郎 木枯らしに踊る花吹雪」が、昨日12月19日に東京・俳優座劇場で開幕した。

「もーれつア太郎」は、個性的なキャラクターたちが活躍する赤塚不二夫のギャグマンガ。脚本・演出をMCRの櫻井智也が手がける今回の舞台版では、オリジナルストーリーを交えながら笑いあり涙ありの人情物語が展開する。

八百屋を切り盛りするア太郎(林明寛)と子分のデコッ八(小沼将太)が住む町には、ア太郎の父で幽霊のX五郎(もう中学生)、人と話すことができる猫のニャロメ(磯貝龍虎)、ブタ松(開沼豊)、ココロのボス(堀靖明)といった個性豊かな住人たちが暮らしていた。そんな中、新しく町に引っ越してきたユリ子(伊藤優衣)には、ある秘密があって……。

上演時間は途中休憩なしの約1時間30分。公演は12月24日まで行われ、当日券は毎公演、開演の1時間前より販売される。

舞台「もーれつア太郎 木枯らしに踊る花吹雪」

2018年12月19日(水)~24日(月・振休)
東京都 俳優座劇場

原作:赤塚不二夫
監修:フジオプロ
脚本・演出:櫻井智也

キャスト

ア太郎:林明寛
デコッ八:小沼将太
ニャロメ:磯貝龍虎
タンゴロー:山沖勇輝
ユリ子:伊藤優衣
ブタ松:開沼豊
ココロのボス:堀靖明
ネコ丸:久下恭平
ネコ吉:吉田翔吾
コプンA:おがわじゅんや
コプンB:北島広貴
熊五郎の妻:大嶋奈緒美
ヨネ子:下村彩
マスター:澤唯

X五郎:もう中学生

(c)赤塚不二夫/フジオプロ

ステージナタリーをフォロー