ゲーム作家の男を巡る、ジエン社“基本公演”「ボードゲームと種の起源」

82

The end of company ジエン社「ボードゲームと種の起源」が12月11日から16日まで東京・3331 Arts Chiyoda B104で上演される。

The end of company ジエン社「ボードゲームと種の起源」チラシ表

The end of company ジエン社「ボードゲームと種の起源」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

本作は、ジエン社の第13回“基本公演”。5月に東京・こまばアゴラ劇場にて上演される“拡張公演”では、今作と共通した題材を用い、同タイトルで新たな物語が展開する予定だ。ボードゲーム作家のある男は、家から出ない妹と、恋人ではない女と暮らしている。ゲーム制作は中途半端なまま止まっていたが、“ボドゲ妖精の女”が現れたことで事態は変化し始め……。

脚本・演出を手がける山本健介は公演に向け、「ボードゲームのファンの方々にも、普段から演劇を見ていただいている方々にも、双方にその魅力を感じられるような作品にできたらいいなと思っております」と意気込みを語っている。上演時間は約1時間を予定。なお12月14・15日の19:30開演回終演後は作中に登場するボードゲームを観客とプレイする「アフターボドゲ会」、また11日から13日の19:30開演回はゲストを迎えたアフタートークが開催される。

山本健介コメント

今回、ボードゲームという題材について取材すればするほど、演劇の問題ととても近いものを感じていきました。「生身の人間が集わないとできない事」「デジタルネットワークを介さない非電源なものであると言う事」といった表面上の共通点にくわえ、人間的な関わりや営みが浮き彫りになっていく面白みがあります。ボードゲームのファンの方々にも、普段から演劇を見ていただいている方々にも、双方にその魅力を感じられるような作品にできたらいいなと思っております。

この記事の画像(全2件)

The end of company ジエン社「ボードゲームと種の起源」

2018年12月11日(火)~16日(日)
東京都 3331 Arts Chiyoda B104

脚本・演出:山本健介
音楽:しずくだうみ
出演:高橋ルネ寺内淳志名古屋愛沈ゆうこ

全文を表示

関連記事

ジエン社のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ジエン社 / 山本健介 / 沈ゆうこ / しずくだうみ / 高橋ルネ / 寺内淳志 / 名古屋愛 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします