ジエン社「物の所有を学ぶ庭」開幕、山本健介「戦いを、皆さんにもぜひ」

50

山本健介が主宰するThe end of company ジエン社「物の所有を学ぶ庭」が、昨日2月28日に東京・BUoYで開幕した。

The end of company ジエン社 第12回公演「物の所有を学ぶ庭」より。(撮影:刑部準也)

The end of company ジエン社 第12回公演「物の所有を学ぶ庭」より。(撮影:刑部準也)

大きなサイズで見る(全5件)

The end of company ジエン社 第12回公演「物の所有を学ぶ庭」より。(撮影:刑部準也)

The end of company ジエン社 第12回公演「物の所有を学ぶ庭」より。(撮影:刑部準也)[拡大]

「あなたは私の、ものなのですか。ものは私の、あなたなのですか。私のものは、だれかなのですか。」をテーマに、自分と他者の間にあるものや記憶を描く本作。ジエン社の第12回公演となり、キャストには遊園地再生事業団の上村聡をはじめ、ジエン社作品ではお馴染みのキャストやオーディションで選ばれた俳優たちが名を連ねた。また音楽は“闇ポップシンガーソングライター”のしずくだうみが担当。

脚本・演出を務める山本は、初日を迎え「初日の持つ緊張や高揚といった無意識でよく見えていた部分を、徐々に『わざと』にして、自覚的にやって、よく見せていきたい。そうした戦いを、皆さんにもぜひ見に来ていただけたらなと思っています」と語っている。公演は3月11日まで。

山本健介コメント

山本健介

山本健介[拡大]

不思議な事に、どんなお芝居にも初日というものがある。人間にも初日というか、誕生した初日、まあ誕生日というのもがあるが、一番の違いは、「当事者がわざとそれやっているか否か」という点だろう。
お芝居初日は、企んで、考えて、時に無理をして、結構傷だらけでそれを成すことになる。で、ついさっき、僕はそれをしたのだけれど。企んで、考えた結果の一つを見ていただけたのはうれしい事だ。傷も多いが、泣いてはいない。ゼロ歳児ではないからだ。傷の痛みというのは、治るために、そして良くなるために感じるものなのだから。
ここから数日、もっと良くなろうと思っています。初日の持つ緊張や高揚といった無意識でよく見えていた部分を、徐々に「わざと」にして、自覚的にやって、よく見せていきたい。そうした戦いを、皆さんにもぜひ見に来ていただけたらなと思っています。

この記事の画像(全5件)

The end of company ジエン社 第12回公演「物の所有を学ぶ庭」

2018年2月28日(水)~3月11日(日)
東京都 BUoY

脚本・演出:山本健介
音楽:しずくだうみ
出演:伊神忠聡、上村聡、蒲池柚番、鶴田理紗、寺内淳志中野あき湯口光穂善積元

全文を表示

関連記事

ジエン社のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ジエン社 / 山本健介 / 上村聡 / 善積元 / しずくだうみ / 寺内淳志 / 中野あき / 湯口光穂 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします