ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

舞台「暁のヨナ」開幕、生駒里奈「大好きな人たちと作るヨナの旅を」

716

舞台「暁のヨナ~緋色の宿命編~」公開ゲネプロより。生駒里奈演じるヨナ。

舞台「暁のヨナ~緋色の宿命編~」公開ゲネプロより。生駒里奈演じるヨナ。

舞台「暁のヨナ~緋色の宿命編~」が、本日11月15日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて開幕。これに先駆けて、囲み取材と公開ゲネプロが本日行われた。

草凪みずほのマンガ「暁のヨナ」を原作とした本作では脚本を早川康介、演出を大関真が担当。物語は謀反により父のイル王を殺された高華国の王女ヨナが、専属護衛のハクと共に流浪の旅に出ることになる場面から始まる。ヨナたちは旅の途中で、神官に仕えるユンに出会い、「伝説の“四龍の戦士”が力を貸してくれる」と告げられる。ヨナ一行は国に伝わる「緋龍王伝説」をなぞるように、“四龍の戦士”を探す旅に出ることになり……。

生駒里奈は、目の前で父王を殺されたヨナが、過酷な旅を通じてたくましく成長していく姿を力強く表現。また矢部昌暉(DISH//)は、“雷獣”と呼ばれるほどに強く、ヨナの側を片時も離れないハクをパワフルな殺陣を交えながら繊細に演じる。また“龍の力”を体に宿した四龍のキジャ役を山本一慶、ジェハ役を西川俊介、シンア役を奥谷知弘、ゼノ役を木津つばさ、ヨナと旅を共にするユン役を樋口裕太が務め、ハク役の矢部と共に見事なアクションを繰り広げた。さらに陳内将は、ヨナの父を殺害し、高華国の新たな王に君臨したスウォンを、どこか物悲しそうな表情を見せつつ、威厳たっぷりに演じ切った。

囲み取材にはキャストから生駒、矢部、山本、西川、奥谷、木津、樋口、陳内が登壇。生駒は自身が演じるヨナについて「(本作は)ヨナの成長物語でもあるので、ヨナがどうやって1人の女性として成長していくかが見どころ」と述べ、「ヨナはあまりないのですが、みんなアクションが多い中で、こうやって全員そろって元気に初日を迎えることができてうれしいです。精一杯がんばります」と笑顔を見せた。

矢部は本作について「ハクをはじめ、四龍もそれぞれの力を使って戦ってますので、迫力のあるアクションが魅力」と紹介し、「1カ月間みっちり稽古をしてきた成果や、旅の一行の仲のよさをステージ上で表現できれば」と展望を語った。

続く山本は「キジャは右手が大きくなるという設定があるので、それが舞台でどう生かされ、どのように演出されるかに注目してください」とアピールし、「集中して稽古を積んできて、お互いに意見を言い合って仲を深めていったので、しっかり本番に向かってがんばっていきたいです」と思いを述べる。「(築山万有美演じる)ギガン船長とジェハの絆も見どころの1つ」と明かす西川は「アクションが多いので、ケガに注意してがんばっていきたい」とコメントした。

「ヨナ御一行の仲のよさ、ワチャワチャ感を観ていただけたら」と話す奥谷は、「1回1回新鮮な気持ちを大切に挑んでいきたいです」と意気込む。ゼノ役の木津は「今回はマンガの1巻から7巻までを舞台にしているのですが、そこにはゼノは登場しません。舞台でヨナ御一行とゼノがどのようん絡んでいくのか、お楽しみに!」と観客に呼びかけた。

2016年3月に上演された舞台「暁のヨナ」にもユン役で出演していた樋口は、自身が登場するシーンの見どころについて「女装です! 以上です!」とだけ述べ、会場の笑いを誘いつつ、「“新生『ヨナ』”のカンパニーでは、生駒ちゃんらしいヨナが見せられると思いますし、素晴らしいものになっていると思います」と自信をのぞかせた。

「限りなくアナログでいろんな表現をします」と語ったのはスウォン役の陳内。「各々のシーンはもちろんですが、シーンとシーンのつなぎ目をアンサンブルの方々が人力で転換してくださいますし、舞台セットもすごく綺麗です」と注目ポイントの例を挙げ、「自分のシーンで言えば、微妙な衣装チェンジもあるので、細かな表情の変化を見ていただきたいです」と続けた。

記者から「今年1年を漢字1文字で表すとしたら?」と問われた生駒は「(乃木坂46を卒業し)第一歩を踏み出した1年だったので、“動”です」と答え、矢部は「自分で何かを考えて行動することが多く、今回の稽古場でもたくさん考えていたので、“考”です」と回答。最後に生駒は「初めましての方ばっかりだったけど、今はすごく大好きな人たちになりました。そんな人たちと作るヨナの旅をお客様にたくさん楽しんでいただけたらうれしいです」と心境を述べ、矢部は「今までやってきたことすべてを出し切って、お客様に満足して帰っていただけるように突っ走るだけです。がんばります」と取材を締めくくった。上演時間は途中休憩15分を含む約2時間30分を予定。公演は11月25日まで。

舞台「暁のヨナ~緋色の宿命編~」

2018年11月15日(木)~25日(日)
東京都 EX THEATER ROPPONGI

原作:草凪みずほ(白泉社「花とゆめ」連載中)
脚本:早川康介
演出:大関真

キャスト

ヨナ:生駒里奈
ハク:矢部昌暉(DISH//

キジャ:山本一慶
ジェハ:西川俊介
シンア:奥谷知弘
ゼノ:木津つばさ

ユン:樋口裕太
テジュン:釣本南
ギガン:築山万有美
クムジ:久ヶ沢徹

スウォン:陳内将

吉田晃太郎、佐藤賢一、大穂恭平、佐藤義夫、宮川連、三上真司、榮桃太郎、鈴木幸二、早川勇平、小島久人、伊藤智則、下田隼輝、轟大輝、瀬戸沙織、新貝紋加、安里唯、山崎愛華

※山崎愛華の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

(c)草凪みずほ・白泉社/舞台『暁のヨナ』製作委員会

ステージナタリーをフォロー