ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

福井晶一・原田優一の「グーテンバーグ!」再び、新たに鯨井&上口が参加

195

「グーテンバーグ! ザ・ミュージカル! 2018」ロゴ

「グーテンバーグ! ザ・ミュージカル! 2018」ロゴ

「グーテンバーグ! ザ・ミュージカル! 2018」が、7月18日から29日まで東京・新宿村LIVEで上演される。

「グーテンバーグ! ザ・ミュージカル!」は、昨年2017年に日本初演された、アンソニー・キングとスコット・ブラウン原作によるミュージカル。初演に続いて今回も板垣恭一が日本語上演台本・訳詞・演出を手がけ、2人の出演者とピアノ、小道具だけの空間でミュージカルコメディを繰り広げる。

ブロードウェイ進出を夢見る作家のダグ・サイモンと作曲家のバド・ダベンポートは、自分たちが作ったミュージカルをプロデューサーたちの前で“自演”しようと思いつく。その作品とは、印刷機の発明者・グーテンベルクの仮想物語を描いたミュージカル。ダグとバドは、権力の亡者となった修道士や悲劇のヒロインなど、2人で20役以上を歌い演じて、作品をアピールするのだが……。

なお本公演は2チームWキャスト制となっており、ダグ&パドを、初演から続投となる福井晶一原田優一コンビのほか、新たに鯨井康介上口耕平コンビが演じる。経験豊富だが突出したものを持たないダグと、ナルシストで自称天才作曲家のバドがどのようなやり取りを繰り広げるのか、楽しみにしておこう。各チームの上演スケジュールは公演の公式サイトで確認を。

「グーテンバーグ! ザ・ミュージカル! 2018」

2018年7月18日(水)~29日(日)
東京都 新宿村LIVE

原作:アンソニー・キング、スコット・ブラウン
翻訳:工藤紅
日本語上演台本・訳詞・演出:板垣恭一
音楽監督・ピアノ:桑原まこ
振付:当銀大輔
出演:福井晶一原田優一鯨井康介上口耕平 ※2チームWキャスト制

ステージナタリーをフォロー