ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

s**t kingz、2年ぶりの新作「The Library」に向けたショーケース披露

456

s**t kingzプレス向ショーケースより。パフォーマンスの様子。(c)Takanori Tsukiji

s**t kingzプレス向ショーケースより。パフォーマンスの様子。(c)Takanori Tsukiji

ダンスチーム・s**t kingz(シットキングス)のプレス向けショーケースが、5月28日に東京・NOS恵比寿で行われた。

ショーケースはs**t kinzgz10周年の活動をダイジェストで振り返るオープニングムービーからスタート。メンバーが登場すると、Nathan Shrakeによるマイケル・ジャクソンのカバー「P.Y.T.」に乗せて、キレのあるダンスが披露された。また彼らが得意とする“無言芝居”のパートでは、9月に開幕する約2年ぶりの新作舞台「The Library」のPVにも収められたパフォーマンスが繰り広げられ、メンバーは1冊の本を巧みに操った。

「The Library」のPVが上映されると、メンバーが再登場して自己紹介を行う。shojiは「脱サラダンサーです! パッションのあるダンスが得意です」、kazukiは「人からはセクシーなダンスだと言われますが、最近子供が生まれたので、セクシーにも磨きがかかったと思います」、NOPPOは「メンバーからは、天然だと言われます。長身ですが、全身を使ったダンスが得意です」、Oguriは「最近は、タップもやりはじめました!」など、それぞれ得意のダンススタイル交えて挨拶した。

“無言芝居”とはどんなものか?と記者から質問が寄せられると、メンバーはお題にダンスで答える“シチュエーションダンス”を実演してみせる。お題に“ラーメン屋”が選ばれると、20秒ほどのBGMとともに、ラーメン屋のシチュエーションが表現され、会場は笑いで包まれた。

続いては「The Library」のテーマ曲をプロデュースしたグラミー賞ノミネーターのstarRoが登場。「もともとダンスを少しやっていたので、ダンサーが喜んでくれる曲を作れたのはとてもうれしい」というstarRoのコメントに、s**t kingz一同は「starRoさんとDuckwrthさんと大好きなアーティストがコラボしてくれて夢のようでした」と喜びを口にした。

最後にリーダーのshojiは「過去にチャップリンやジーン・ケリーが時代に名を刻んだように、21世紀には、s**t kingzがいたと言われるチームになるようにがんばっていきたいと思います」と抱負を述べた。

「The Library」は、上演会場の特徴を生かした3つの演出で上演。9月の神奈川公演では、s**t kingz初となるセンターステージの設置を構想中。10・11月の各地公演は通常の劇場スタイル、そしてファイナルの東京公演では同チーム史上最大規模のキャパシティに挑戦する。アートディレクターには吉田ユニ、映像ディレクターに針生悠伺が名を連ねた。なお横浜公演は、「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018」のパートナー事業として上演される。

s**t kingz「The Library」

2018年9月12日(水)※プレビュー公演
2018年9月13日(木)~20日(木)
神奈川県 横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール

2018年10月10日(水)・11日(木)
宮城県 イズミティ21 小ホール

2018年10月20日(土)・21日(日)
愛知県 穂の国とよはし芸術劇場PLAT

2018年10月27日(土)・28日(日)
広島県 JMSアステールプラザ 中ホール

2018年11月3日(土・祝)・4日(日)
福岡県 ももちパレス 大ホール

2018年11月9日(金)~11日(日)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

2018年11月21日(水)~23日(金・祝)
東京都 東京国際フォーラム ホールC

出演:s**t kingz

ステージナタリーをフォロー