ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

METライブビューイング10演目発表、来シーズンは新音楽監督就任メモリアルイヤー

176

ヴェルディ「アイーダ」より。(c)Marty Sohl/Metropolitan Opera

ヴェルディ「アイーダ」より。(c)Marty Sohl/Metropolitan Opera

「METライブビューイング2018-19」のラインナップが発表された。

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)で上演されるオペラの最新公演を、映画館で鑑賞できる「METライブビューイング」。METの新音楽監督にヤニック・ネゼ=セガンが就任し、メモリアルイヤーとなる新シーズンは、METの現地ラインナップ27演目より10作品が日本全国の映画館で上映される。

10作品に選ばれたのは、アンナ・ネトレプコがタイトルロールを歌う「アイーダ」、トニー賞受賞演出家ダルコ・トレズニヤック演出による「サムソンとデリラ」、ヨナス・カウフマンが登場する「西部の娘」、ヒッチコック監督により映画化もされた多重人格の謎の美女の物語「マーニー」、アンナ・ネトレプコが実在のフランス人女優を演じる「アドリアーナ・ルクヴルール」。そして、クレモンティーヌ・マルゲーヌがタイトルロールを演じる「カルメン」、ハヴィエル・カマレナらが出演する「連隊の娘」、ロベール・ルパージュが演出を手がける「ワルキューレ」、ヤニック・ネゼ=セガンが指揮する「椿姫」「カルメル会修道女の対話」だ。公開は今秋を予定。日程や会場などの詳細は続報を待とう。

「METライブビューイング2018-19」

ヴェルディ「アイーダ」

指揮:ニコラ・ルイゾッティ
演出:ソニヤ・フリゼル
出演:アンナ・ネトレプコアニータ・ラチヴェリシュヴィリアレクサンドルス・アントネンコ、クイン・ケルシー、ディミトリ・ベロセルスキーライアン・スピード・グリーン

サン=サーンス「サムソンとデリラ」新演出

指揮:マーク・エルダー
演出:ダルコ・トレズニヤック
出演:エリーナ・ガランチャロベルト・アラーニャロラン・ナウリ、ディミトリ・ベロセルスキー、イルヒン・アズィゾフ

プッチーニ「西部の娘」

指揮:マルコ・アルミリアート
演出:ジャンカルロ・デル・モナコ
出演:エヴァ=マリア・ヴェストブルックヨナス・カウフマンジェリコ・ルチッチ、カルロ・ボージ、マイケル・トッド・シンプソン、マシュー・ローズオレン・グラドゥス

ニコ・ミューリー「マーニー」MET初演

指揮:ロバート・スパーノ
演出:マイケル・メイヤー
出演:イザベル・レナードクリストファー・モルトマンイェスティン・デイヴィーズ、ジャニス・ケリー、デニース・グレイヴス

ヴェルディ「椿姫」新演出

指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
演出:マイケル・メイヤー
出演:ディアナ・ダムラウフアン・ディエゴ・フローレス、クイン・ケルシー

チレア「アドリアーナ・ルクヴルール」新演出

指揮:ジャナンドレア・ノセダ
演出:デイヴィッド・マクヴィカー
出演:アンナ・ネトレプコ、アニータ・ラチヴェリシュヴィリ、ピョートル・ベチャワアンブロージョ・マエストリマウリツィオ・ムラーロ、カルロ・ボージ

ビゼー「カルメン」

指揮:ルイ・ラングレ
演出:リチャード・エア
出演:クレモンティーヌ・マルゲーヌ、ロベルト・アラーニャ、アレクサンドラ・クルジャック、アレクサンダー・ヴィノグラドフ

ドニゼッティ「連隊の娘」

指揮:エンリケ・マッツォーラ
演出:ロラン・ペリー
出演:プレティ・イェンデハヴィエル・カマレナ、マウリツィオ・ムラーロ、ステファニー・ブライズ

ワーグナー「ワルキューレ」

指揮:フィリップ・ジョルダン
演出:ロベール・ルパージュ
出演:クリスティーン・ガーキー、エヴァ=マリア・ヴェストブルック、スチュアート・スケルトン、グリア・グリムスリー、ギュンター・グロイスベックジェイミー・バートン

フランシス・プーランク「カルメル会修道女の対話」

指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
演出:ジョン・デクスター
出演:イザベル・レナード、カリタ・マッティラ、エイドリアン・ピエチョンカエリン・モーリーカレン・カーギル、デイヴィッド・ポルティッヨ、ドゥウェイン・クロフト

ステージナタリーをフォロー