ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ミュージカル「TOP HAT」上演決定、坂本昌行・多部未華子らが出演

1853

ミュージカル「TOP HAT」が、11・12月に東京と大阪で上演される。

1935年にアメリカで製作された映画「トップ・ハット」。本作は、映画を原作に2011年にイギリスで初演された舞台版を、マシュー・ホワイトの演出・脚色のもと日本人キャストで上演するもの。映画版でフレッド・アステアが演じたジェリー・トラヴァース役をV6の坂本昌行、ジンジャー・ロジャースが演じたデイル・トレモントを多部未華子が担当するほか、屋良朝幸朝海ひかる益岡徹浅野和之らがキャスティングされた。

出演に際し坂本は、「この作品でジェリーとして生きられることを本当に嬉しく思います。願いは叶う! 次の願いはスタッフキャスト一丸となり、より良い作品を作り、そして日本のフレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースと呼ばれるよう頑張りたいと思います」、多部は「この作品の魅力はやはり歌と踊りなので、皆さんの足を引っ張らないように頑張りたいと思います。ただ、今は歌と踊りのことで頭がいっぱいなので、本番までにデイルになれるようにこれから作っていきたいです」とそれぞれ意気込みを語っている。

公演は11月5日から25日まで東京・東急シアターオーブ、12月1日から5日まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールで行われる。チケットは7月14日に一斉発売予定。

マシュー・ホワイト コメント

坂本昌行さんと多部未華子さんのような、とても才能あふれるお二人と一緒に作品が作れることをとても楽しみにしています。おニ人とも、ジェリー・トラヴァースとデイル・トレモント役としてぴったりの魅力と洗練さの持ち主です。本当に彼らと一緒に働けることを心待ちにしていますし、彼らがこの作品に独自の才能をもたらし舞台上で2人の”相性”は魔法のようだ(魅力的だ)と確信しています。坂本昌行さんは、歌、ダンス、演技のすべての分野において優れたスキルを持つダイナミックなパフォーマーです。彼は、チャーミングでカリスマ性のあるジェリーになると思います。プロ意識と専門技術(知識)で、カンパニーを導いてくれるでしょう。彼のダンスと歌は、ステージを明るく照らし、観客は彼に恋に落ちることは疑いようがありません。品位と美を兼ね備えた多部未華子さんは、主演女優としてパーフェクトです。観客は、数多くのテレビや映画、ストレートプレイで活躍する彼女が、歌とダンスにも秀でている(堪能である)ことに感動するでしょう。素晴らしい衣裳をまとい、まるで空を飛んでいるかような彼女のダンスを見るのが待ちきれません。彼女はセンセーションを巻き起こすはずです。

坂本昌行コメント

来日公演を観劇させていただいた際に、なんてスマートでお洒落なミュージカルなんだろうと思いました。TAPあり、ペアダンスあり、ユーモアあり、いつかはこんな作品に出られたらなと思っていたときにお話しをいただきました。この作品でジェリーとして生きられることを本当に嬉しく思います。願いは叶う! 次の願いはスタッフキャスト一丸となり、より良い作品を作り、そして日本のフレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースと呼ばれるよう頑張りたいと思います。

多部未華子コメント

今までにやったことのない本格的なミュージカルに挑戦することにしました。この作品の魅力はやはり歌と踊りなので、皆さんの足を引っ張らないように頑張りたいと思います。ただ、今は歌と踊りのことで頭がいっぱいなので、本番までにデイルになれるようにこれから作っていきたいです。ロンドンのスタッフの皆さんも本当に素敵な方々で、楽しんで作品作りができそうな気がしています。緊張していて不安もありますが、全力で20代最後を楽しみたいです。

ミュージカル「TOP HAT」

2018年11月5日(月)~25日(日)
東京都 東急シアターオーブ

2018年12月1日(土)~5日(水)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

原作:映画「トップ・ハット
作詞・作曲:アーヴィング・バーリン
演出・脚色:マシュー・ホワイト
出演:坂本昌行多部未華子屋良朝幸朝海ひかる益岡徹浅野和之 ほか

ステージナタリーをフォロー