ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

日本のラジオ「ツヤマジケン」再演、女子高演劇部の夏合宿で起きる“さわやかな惨劇”

87

日本のラジオ「ツヤマジケン」が、6月5日から10日まで東京・こまばアゴラ劇場で上演される。

屋代秀樹が作・演出を手がける本作は、2014年に初演され、佐藤佐吉演劇賞の最優秀脚本賞、優秀作品賞、優秀助演女優賞を受賞した同劇団の代表作。津山三十人殺しこと津山事件を下敷きに、女子高演劇部の夏合宿での少女たちの友情や鬱屈、愛、純真を描き、劇団のキャッチコピーである“さわやかな惨劇”を体現する。

今回の再演では脚本を改訂し、衣装の制服は“永遠の少年少女服”をテーマとしたブランド・ネバアランド BIRTHDAYが手がける。上演時間は90分を予定。また同劇団初の試みとしてクラウドファンディングが実施され、リターンに限定パンフレットや指定したキャラクターのオリジナルショートストーリー製作などが用意されている。

日本のラジオ「ツヤマジケン」

2018年6月5日(火)~10日(日)
東京都 こまばアゴラ劇場

作・演出:屋代秀樹
出演:安東信助、田中渚 / 赤猫座ちこ、久保瑠衣香、沈ゆうこ、瀬戸ゆりか、鶴田理紗、土橋美月、永田佑衣、藤本紗也香、古田希美恵 / 大塚尚吾、野田慈伸

ステージナタリーをフォロー