ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「ワンピース」市川猿之助が大阪松竹座で復帰、「後世の型になるルフィを」

140

「スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』」出演者。左から中村隼人、尾上右近、市川猿之助、坂東巳之助、坂東新悟。

「スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』」出演者。左から中村隼人、尾上右近、市川猿之助、坂東巳之助、坂東新悟。

「スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』」の取材会が3月17日に行われ、市川猿之助がルフィ役で復帰することが明らかになった。

昨年2017年11月25日に東京・新橋演舞場での東京公演を終え、今後4月1日から25日まで大阪・大阪松竹座、5月3日から27日まで愛知・御園座で披露される「スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』」。今回、新キャストも加わり、日替わり4パターンの配役で上演される。

取材会には猿之助のほか、出演者である坂東巳之助尾上右近坂東新悟中村隼人が参加し、大阪公演へ向けての意気込みを語った。A/B日程でルフィとハンコック、C/D日程でシャンクス役を勤める猿之助は、「昨年の新橋演舞場での公演中にけがで休演することになり、初めて客観的に見ることができて、改めてこの作品の面白さがわかりました」と振り返る。

続けて「療養中、一番うれしかったのは、自分の出ていない『ワンピース』にお客様が足を運んでくださったこと。この作品を愛してくださったことを本当にうれしく思いました」と思いを語り、「まだ元通りの動きはできないけれど、今の状態だからこその“動きに頼らない芝居”に期待していただきたい。この作品がのちに古典になれば、70歳、80歳のルフィも登場するわけで。後世の型になるようなルフィを作っていきます」と意気込んだ。

全日程でゾロ、ボン・クレー、スクアードを演じる巳之助は「昨年の演舞場公演は『公演を猿之助兄さんから預かった』という気持ちでやっていました。大阪松竹座はギュッとした空間が魅力。ほかの劇場にはない距離感なので、ファンの方はもちろん、まだ観たことのない方にもぜひ観ていただきたいです」とコメント。ナミ、サンダーソニア役を演じ、サディちゃん役を右近とWキャストで勤める新悟は「自分なりのサディちゃんを作りたいです」と続いた。

C/D日程でルフィとハンコック役を演じ、A/B日程ではサディちゃんとマルコ役を勤める右近は、「猿之助兄さんの代役としての2カ月が終わったときは“無”でした。いろんなことを感じすぎて、一回転して無になりました(笑)。今回、大阪初演の時に演じたサディちゃんとマルコも勤めますので、配役のバリエーションも楽しんでいただけたらうれしいです」と観客にメッセージを送る。

さらに、サンジとイナズマ、そしてC/D日程ではマルコ役も演じる隼人は「『ワンピース』という作品が大好き。その思いを自分の体でどう表現するかが課題です」と真摯に語り「2回目の大阪公演ですが、前回とはまったく別物になっていますので、できれば4パターン全部、観ていただきたいです」とアピールし、会見を締めくくった。

「スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』」

2018年4月1日(日)~25日(水)
大阪府 大阪松竹座

2018年5月3日(木・祝)~27日(日)
愛知県 御園座

原作:尾田栄一郎
脚本・演出:横内謙介
演出:市川猿之助
スーパーバイザー:市川猿翁

ステージナタリーをフォロー