ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

日本舞踊で「カルメン」、中村橋之助が創作舞踊に初挑戦

753

未来座「裁(SAI)カルメン2018」が、2018年6月22日から24日に東京・国立劇場 小劇場で披露される。

日本舞踊協会が展開するシリーズ「未来座」の第2回公演となる「カルメン2018」は、ジョルジュ・ビゼーが手がけた同名オペラを日本舞踊でアレンジした作品。日本舞踊版「カルメン」の上演は1987年の「カルメン」、2003年の「薔沙薇の女 ~カルメン2003~」に続いて3度目となる。

今回の公演はホセ役を花柳寿楽と中村橋之助、カルメン役を水木佑歌と市川ぼたんがダブルキャストで担当。創作舞踊公演に初めて挑む橋之助は「中村橋之助を襲名してちょうど一段落した時にこの話を頂けて凄く嬉しかったし、有難かったです」「皆さんに色々と伺いながら、しかし新人だからと受け身にならず能動的に発信出来たら良いなと思ってます」と意気込みを語っている。

中村橋之助コメント

幼い頃から踊りの師匠である伯母(中村梅彌)にお稽古をつけてもらっていましたし、伯母が出ている舞踊公演を観たり、舞踊協会での色々な活動も知っていましたので、中村橋之助を襲名してちょうど一段落した時にこの話を頂けて凄く嬉しかったし、有難かったです。
今回、古典の日本舞踊とは違った「カルメン」という題材を皆さんが手掛ける仲間に入れて頂けるというのは初めての経験なので、勿論皆さんに色々と伺いながら、しかし新人だからと受け身にならず能動的に発信出来たら良いなと思ってます。“カルメン”役の市川ぼたんさんはすごくお綺麗で。女性の方と舞台でご一緒するのは初めての経験です。普段は男が女になってそれを女性だと思って演じてますが、本物の女性の方と絡ませて頂けるということで、気持ちを自分に向けて頂けるように、普段から心がけなければいけないんだなと思ってます。

第2回 日本舞踊 未来座「裁(SAI)カルメン2018」

2018年6月22日(金)~24日(日)
東京都 国立劇場 小劇場

スーパーバイザー:花柳壽應
演出:花柳輔太朗
振付:猿若清三郎、花柳輔瑞佳
出演:花柳寿楽、水木佑歌、中村橋之助、市川ぼたん ほか

ステージナタリーをフォロー