ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「最遊記歌劇伝」シリーズ新作「-異聞-」2018年秋に上演決定!三上俊&唐橋充

1854

「最遊記歌劇伝-異聞-」が、2018年初秋に上演されることが発表された。

本作は峰倉かずやのマンガ「最遊記」を原作とした舞台「最遊記歌劇伝」シリーズの新作。同シリーズは2008年に「最遊記歌劇伝-Go tothe West-」、翌年09年に「最遊記歌劇伝-Dead orAlive-」を上演。その後、14年に「最遊記歌劇伝-God Child-」、15年1月に「最遊記歌劇伝-Burial-」、同年9月に「最遊記歌劇伝-Raload-」が上演された。

今回の「-異聞-」は「最遊記」の物語から約400年前が描かれ、修行寺・大霜寺を舞台に、若かりし頃の光明三蔵・峯明が登場。三蔵法師の継承権を得るため、修行僧たちと苦行に立ち向かう。脚本・演出は三浦香、キャストには光明三蔵法師役の三上俊、烏哭三蔵法師役の唐橋充とシリーズでも同役を演じてきた2人が名を連ねた。公演日程や追加キャストなどについては続報を待とう。

「最遊記歌劇伝-異聞-」

2018年初秋

原作:峰倉かずや「最遊記異聞」(一迅社)
脚本・演出:三浦香

キャスト

光明三蔵法師:三上俊
烏哭三蔵法師:唐橋充
ほか

(c)峰倉かずや・一迅社/最遊記歌劇伝旅社

ステージナタリーをフォロー