「ナンバカ」ジューゴら4人のキャラビジュ解禁、赤澤燈「良い意味で問題作に」

1814

9月に上演される「超!脱獄歌劇『ナンバカ』」より、主要キャスト4人のキャラクタービジュアルが公開された。

赤澤燈演じるジューゴ。

赤澤燈演じるジューゴ。

大きなサイズで見る(全22件)

お披露目されたのは、赤澤燈扮するジューゴ、北園涼扮するウノ、汐崎アイル扮するロック、安川純平扮するニコのビジュアル。またこのたび4人からのコメントも到着。上演にあたって赤澤は「原作の賑やかなまさに『バカ騒ぎ』な雰囲気を大事に、座長として、素直な意味で話題作に、良い意味で問題作に出来るよう頑張ります!」と意気込みを語った。

川尻恵太が脚本・演出を手がける本作は、comicoで連載されている双又翔のマンガが原作。日本最大最強の南海刑務所を舞台に、毎日を楽しく過ごす4人の囚人と、看守たちの日常をハイテンションに描いた“脱獄エンターテインメント”が展開する。公演は9月14日から24日まで東京・Zeppブルーシアター六本木にて行われ、チケットの一般販売は7月22日10:00に開始する。

赤澤燈コメント

ジューゴ役を演じさせていただきます赤澤燈です。
役作りや空気感などはアニメから声優としてナンバカに関わって来た方が何人もいるので、相談しながら一緒に作っていけたらと思っています。原作の賑やかなまさに「バカ騒ぎ」な雰囲気を大事に、座長として、素直な意味で話題作に、良い意味で問題作に出来るよう頑張ります! またそれぞれのキャラクターの絵の具をひっくり返したようなカラフルなビジュアルもお楽しみに!

北園涼コメント

北園涼演じるウノ。

北園涼演じるウノ。

この度、ウノ役を演じさせていただきます。北園涼です。
ウノはとても綺麗な髪をしていて、オシャレなキャラだなと初めてアニメを観た時感じました。仲間を大切にしていて、さりげない気遣いや励まし、そういう部分が魅力的で見習うべきだなと思ったので、そこを舞台上でも表現出来るように稽古して行きたいと思います。あとは、13房のみんなと心から楽しみたいです。皆様、超!脱獄歌劇「ナンバカ」を楽しみにお待ちくださいませ。

汐崎アイル コメント

汐崎アイル演じるロック。

汐崎アイル演じるロック。

こんな嬉しいことがあっていいのでしょうか? アニメに引き継ぎ舞台でもロックを演じさせていただきます汐崎アイルです。想いの詰まった作品「ナンバカ」さて舞台でこれをやったらどんなことになるのか、お祭り騒ぎになる予感しかしません、ワクワクが止まりません。超!脱獄歌劇「ナンバカ」、仲間達と全力で楽しんで、楽しんでもらえるようにバカ騒ぎします!!

安川純平コメント

安川純平演じるニコ。

安川純平演じるニコ。

僕の演じるニコは右目が包帯で覆われていて、鉄球の足枷がついています。そんなニコを体感出来るのが楽しみです。また、この作品の特徴は登場するキャラクターの多彩なビジュアルなので、その再現度と、刑務所で繰り広げられる看守と囚人のやりとりにご注目ください。「ナンバカ」の世界観を舞台上からお届けしますので、劇場でお待ちしております。

この記事の画像(全22件)

「超!脱獄歌劇『ナンバカ』」

2017年9月14日(木)~24日(日)
東京都 Zeppブルーシアター六本木

原作:双又翔(comico)
脚本・演出:川尻恵太

キャスト

ジューゴ:赤澤燈
ウノ:北園涼
ロック:汐崎アイル
ニコ:安川純平

三葉キジ:Kimeru
四桜犬士郎:内海大輔
悟空猿門:橋本汰斗
一声三鶴:高木俊(※「高」ははしご高が正式表記)

九十九:内海啓貴
ムサシ:宮元英光
リャン:星乃勇太

五代大和:稲垣成弥
七夕星太郎:奥山敬人
双六仁志:野見山拳太

双六一:郷本直也

リンク

関連記事

関連商品

(c)超!脱獄歌劇「ナンバカ」製作委員会 2017