ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ハイバイ・岩井秀人の代表作「て」が第38回ソウル演劇祭で3冠に輝く

147

劇団LAS「て」より。

劇団LAS「て」より。

韓国の劇団LASが、今年2017年5月にハイバイ岩井秀人の代表作「て」を上演。同作が、第38回ソウル演劇祭で3冠に輝いた。

受賞対象となったのは、優秀作品賞、舞台美術賞、そして新人俳優賞。ハイバイは2011年に韓国にて初期作品「ヒッキー・カンクーントルネード」の上演を行っており、その後2015年にパク・グニョン演出で「ヒッキー・ソトニデテミターノ」、2015・17年に劇団LASによりイ・キプム演出で「て」が翻訳上演されている。また7月には、韓国での最新作「夫婦」リーディング翻訳上演も予定されているので、気になる人は併せてチェックしてみよう。

ステージナタリーをフォロー