ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

深津篤史の戯曲「かえるでんち」が劇団太陽族・岩崎正裕演出で復刻

111

劇団太陽族「かえるでんち」が、6月1日から4日まで大阪・ウイングフィールドにて上演される。

本作は、2014年に逝去した桃園会・深津篤史の戯曲を上演する企画「深津演劇祭~深津篤史コレクション舞台編~」の参加作品。桃園会によって2001年に初演された作品で、かつて中学校だった悠(はるか)生涯学習センターを舞台とした物語が描かれる。

演出を手がけるのは、深津とともに関西演劇シーンを牽引してきた岩崎正裕。なお本作は、「第9回むりやり堺筋線演劇祭」にもラインナップされている。

劇団太陽族「かえるでんち」

2017年6月1日(木)~4日(日)
大阪府 ウイングフィールド

作:深津篤史
演出:岩崎正裕
出演:森本研典、岸部孝子、篠原裕紀子、佐々木淳子、中西由宇佳、韓寿恵 / 小笠原聡、河本久和、趙清香、平井佐智子、船戸香里、三田村啓示

ステージナタリーをフォロー