ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

キ上の空論の新作は青×女の子青春物語、主演に新垣里沙

332

キ上の空論の新作「青の凶器、青の暴力、手と手。この先、」が8月31日から9月3日に東京・東京芸術劇場 シアターウエストで上演される。

今作ではクラスの中でいつも誰かに怒っている、変わった女の子「アオちゃん」を取り巻く模様が描かれていく。2013年に披露された旗揚げ公演「空想、甚だ濃いめのブルー」と同じくイメージカラーを青、物語の内容を“女の子の青春物語”と設定されており、これに関して主宰の中島庸介は“新たな出発”を意味するとコメント。主演には新垣里沙を迎える。

中島庸介コメント

旗揚げからあっという間に3年経ちました。スタジオ公演で地味にやっていこうと作ったユニットだったんですが、ありがたい事に劇場で公演を打たせてくれる機会が増え、なので“地味にやる事”をやめました。中途半端はよくありませんから。 今後はちゃんと、しっかり、「演劇」をやっていこうと思います。やはり演劇は「劇場」です。
キ上の空論はいつも作品タイトルに「色」を入れるんですが、今回は旗揚げした作品と同じ「青」を入れました。これは僕にとって、勝手に、“新たな出発”を意味していて、内容も旗揚げ公演同様「女の子青春物語」です。まだ完本しておりませんが、素晴らしい俳優ばかりなので、おもしろくないわけないと思うんですね。
今後は劇場でガンガン芝居を作っていきます。大きく、新しくなったキ上の空論に、どうぞご期待くださいませ。

キ上の空論「青の凶器、青の暴力、手と手。この先、」

2017年8月31日(木)~9月3日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

作・演出:中島庸介
出演:新垣里沙高橋明日香岩井七世下垣真香、斉藤ゆき、須田拓也、野口オリジナル、いしいまい、石塚みづき、鈴木研、加茂井彩音、野中ななみ、中村優 ほか

ステージナタリーをフォロー