ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「スルース~探偵~」新納慎也&音尾琢真、Wキャストで西岡徳馬に対峙

290

「スルース~探偵~」出演者。左から新納慎也、西岡徳馬、音尾琢真。

「スルース~探偵~」出演者。左から新納慎也、西岡徳馬、音尾琢真。

イギリスの劇作家、アンソニー・シェーファーによる「スルース~探偵~」が、深作健太演出のもと、11月25日から12月28日まで東京・新国立劇場 小劇場にて上演される。

1971年にトニー賞演劇作品賞を受賞した「スルース~探偵~」は、1972・2007年の2度に渡って映画化もされたサスペンス。日本では1973年に劇団四季によって初演され、その後も繰り返し上演されてきた。

劇中に登場するのは、ミステリー作家のアンドリュー・ワイクと、彼の妻の浮気相手である若い男、マイロ・ティンドルの2人。ワイクはティンドルを呼び出し、不倫の追及をするかと思いきや、自宅の金庫に保管している宝石を泥棒に扮して盗んでほしいと言い出すのだった……。

今回はワイク役を西岡徳馬が演じる。対するティンドル役には、新納慎也が“探偵バージョン”、音尾琢真が“スルースバージョン”としてWキャストにてキャスティングされた。新納、音尾はそれぞれどのように西岡と対峙するのか、今から楽しみに待ちたい。

「スルース~探偵~」

2016年11月25日(金)~12月28日(水)
東京都 新国立劇場 小劇場

作:アンソニー・シェーファー
演出:深作健太

キャスト

探偵バージョン:西岡徳馬新納慎也
スルースバージョン:西岡徳馬、音尾琢真

※西岡徳馬の「徳」は旧字が正式表記。

ステージナタリーをフォロー