ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

元宝塚男役トップ17人のカバーアルバム、子守歌のような春野寿美礼「少年時代」

128

「麗人REIJIN Season2 “Festa”」トークショーの様子。左から貴城けい、春野寿美礼、真琴つばさ、稔幸。

「麗人REIJIN Season2 “Festa”」トークショーの様子。左から貴城けい、春野寿美礼、真琴つばさ、稔幸。

元宝塚歌劇団のトップスター17人による2枚組のカバーアルバム「麗人REIJIN Season2 “Festa”」の発売を記念して、昨日8月30日に東京・山野楽器 銀座本店にてトークショーと握手会イベントが行われた。

イベントに登場したのは、アルバムに参加した稔幸、真琴つばさ春野寿美礼貴城けいの4人。貴城は「REIJIN」シリーズ全作品に参加している唯一のメンバーで、今回カバーした「ベサメ・ムーチョ」について「宝塚時代にこの曲を歌ったDVDを観たら、男らしくて自分でも驚きました(笑)。今回は『キスして』という原曲の意味を意識しながら女性らしく歌いました」とコメント。春野から「『ベッサメー(キスして)』のところが色っぽくてよかった」と褒められ、照れた表情を浮かべる。

春野寿美礼はこの日が産休後、人前で初の仕事となった。「イベントのオファーをいただいて、ぜひ参加したいと立候補しました」と語る春野。出産の話を受けて、稔が「カバーした『少年時代』が子守歌のように聞こえました」と感想を述べると、他のメンバーも大きく頷く。

沢田研二の「サムライ」をカバーした「REIJIN」シリーズ初参加の真琴は「今回は“Festa”がテーマで夏の歌を考えたときに一番似合う曲だと思いました」と選曲の理由を述べる。「コンサートでも盛り上げて歌いたい」と意気込むものの、春野と貴城がこの曲を知らないことが判明。世代間の断絶に驚きの声を漏らしていた。

安全地帯の「熱視線」をカバーした稔は、これまでに参加した全作品で男性ボーカルの曲に挑戦。この経験を踏まえ「“麗人”ということで、男役を経験した自分たちにしか出せない個性を聴いてもらいたい」と作品をアピールする。

トークショー終了後は、アルバム購入者を対象にした握手会が開催された。4人はファンとの交流を楽しみ、イベントを締めくくった。なお9月21日から24日まで、東京・赤坂ACTシアターにてCD発売記念コンサートを開催。本アルバムの参加者に加え、若葉ひろみ、こだま愛、紫とも、麻乃佳世、初風緑、成瀬こうき、大鳥れいがゲストとして登場する。

「『麗人REIJIN Season2“Festa”』CD発売記念コンサート」

2016年9月21日(水)~24日(土)
東京都 赤坂ACTシアター

出演

9月21日18:30開演

汀夏子、峰さを理、高汐巴、剣幸杜けあき、稔幸、真琴つばさ姿月あさと彩輝なお貴城けい大和悠河

9月22日14:00開演

汀夏子、峰さを理、高汐巴、杜けあき、涼風真世、稔幸、真琴つばさ、姿月あさと、春野寿美礼、貴城けい、大和悠河

9月22日18:30開演

汀夏子、峰さを理、高汐巴、剣幸、杜けあき、涼風真世、稔幸、真琴つばさ、姿月あさと、貴城けい、大和悠河

9月23日18:30開演

榛名由梨、汀夏子、峰さを理、高汐巴、剣幸、日向薫、杜けあき、稔幸、真琴つばさ、姿月あさと、貴城けい、大和悠河

9月24日16:30開演

榛名由梨、汀夏子、高汐巴、日向薫、杜けあき、稔幸、真琴つばさ、姿月あさと、春野寿美礼、貴城けい、大和悠河

ゲスト

若葉ひろみ(9月22日18:30開演、9月24日)、こだま愛(9月21日、9月22日18:30開演)、紫とも(9月22日18:30開演、9月23日)、麻乃佳世(9月22日14:00、18:30開演)、初風緑(9月21日、9月23日)、成瀬こうき(9月21日、9月23日)、大鳥れい(9月22日14:00開演、9月24日)

ステージナタリーをフォロー