ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

ミュージカル刀剣乱舞、新たに6曲加え開幕!佐藤流司「半年間の成長を見て」

5271

第2部のライブの様子。

第2部のライブの様子。

「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~」が、本日5月27日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて開幕。初演前に囲み取材と公開ゲネプロが行われた。

囲み取材には三日月宗近役の黒羽麻璃央、小狐丸役の北園涼、石切丸役の崎山つばさ、岩融役の佐伯大地、今剣役の大平峻也、加州清光役の佐藤流司、そして演出を担当した茅野イサムが登場。黒羽は「顔合わせのとき茅野さんに『お前らは俺の第一部隊だから』とすごいうれしい言葉をいただいて。その言葉を、今回観に来てくださる審神者の皆さんに同じことを思っていただけたら、刀剣男士として僕たちは幸せです」と語る。2015年10月に行われた「ミュージカル『刀剣乱舞』 トライアル公演」で悔しい思いをしたと話したのは北園。「芝居、歌、ダンスすべてなんですけど。今回、本公演という2回目の刀剣男士として舞台に立てるので、トライアル公演以上の小狐丸を表現できたら」と決意を述べた。

崎山は「世の中は伊勢志摩サミットです」と突然時事ネタに触れて記者の笑いを誘い、「オバマ大統領が広島を訪問するということで、世界が日本に注目している瞬間かなと思うんですけど、このミュージカル『刀剣乱舞』も日本の刀を擬人化したものなので、日本人の誇りとして世界に発信できれば」と、神社の御神体・石切丸らしく遠大な視点でトーク。武蔵坊弁慶の薙刀・岩融役の佐伯はカンパニー全体で本公演を楽しみにしてきたと話し、「みんなで力を合わせてチームワークを見せつけてやろうと思います」と意気込んだ。

この公演で重要な役割を握る源義経の守り刀・今剣を演じる大平は「本公演に向けて義経のことを調べたり、実際に鞍馬寺に行ってみたり」と準備を進めてきたことを明かす。また個性豊かな三条の刀剣たちをまとめる第一部隊の隊長・加州清光役を務めた佐藤は「隊長として、とても責任を感じながらトライアル公演からやってきましたが、本公演ではみんな個々それぞれが半年間で成長して」と本公演への期待を煽り、「刀剣という、人ならざるものが演じる美しい人間ドラマと言いますか、そういうものを見せられたらいいなと思います」と真剣な面持ちで語った。

茅野は「トライアル公演を経て今回本公演をやるにあたりまして、1度オーバーホールというか、全部分解して磨き直してきました」と「~阿津賀志山異聞~」を表現。「今回自信を持って良くなったなって思うのが、彼ら(キャスト)の戦闘力。前回もすごくお客様に喜んでいただけましたが、彼らはもっともっとできるはずだということで、この半年間お芝居の稽古が始まる前に、みんなそれぞれ自分たちでレッスンを積んでスキルアップしてきた」とキャストたちの成長に太鼓判を押す。そして「前回がレベル50くらいだったとしたら、今回は80くらいまで上がっているのでは。公演中になんとかカンスト(レベルが最大になること)してくれたら」と、ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」になぞらえ、心境を明かした。

「~阿津賀志山異聞~」は、藤原秀衡が源義経を追い詰めた平泉のシーンから始まる。続けて場面は一転、「刀剣乱舞」の歌とともに6人の刀剣男士たちがステージに。審神者から加州清光に、新しく本丸にやってきた岩融を含め、今剣、三日月宗近、小狐丸、石切丸の三条の刀剣男士たちを率いて文治5年の阿津賀志山へ出陣せよと指令が下る。源氏に因縁の深い阿津賀志山を舞台に、源義経と弁慶、そして刀剣男士の葛藤が描かれていく。第1部のミュージカルでは、小狐丸と石切丸の「うたかたの子守唄」、石切丸と加州清光の「矛盾という名の蕾」、キャスト全員が歌う「おぼえている」と3曲が新登場。トライアル公演より演技、ダンス、殺陣などにブラッシュアップが加えられたミュージカルが披露された。

第2部はトライアル公演と同じくライブに。軍服風のステージ衣装に身を包んだ刀剣男士6人がステージに現れると、観客から歓声が上がる。第2部ではキャスト全員による「描いていた未来へ」、小狐丸、石切丸、岩融、今剣の「えおえおあ」、三日月宗近のソロ曲「Endless Night」が新たにお披露目された。「えおえおあ」は観客も一緒にパフォーマンスできる曲なので、来場者は振り付けを覚えて刀剣男士とともに楽しもう。そして大太鼓とともに弁慶が登場すると客席から「弁慶ー!」「弁慶様ー!」と声が上がり、ステージはヒートアップ。弁慶、秀衡、義経、頼朝の力強い太鼓をバックに、刀剣男士6人とアンサンブルが勢ぞろいしたラストの曲「漢道」が流れ、ステージは最高潮に盛り上がった。「漢道」でキャストたちが紐を振り回すパフォーマンスをともに楽しめるストラップ付きペンライトもオフィシャルグッズとしてラインナップされている。

なお刀剣男士 team三条 with加州清光による1stアルバム「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~」が、8月10日にリリースされることが決定した。デビューシングル「刀剣乱舞」、2ndシングル「キミの詩」に収録される20曲のほか、トライアル公演で人気を博した「mistake」など計24曲が収められる。初回限定盤Aには第1部ミュージカルの歌唱曲が収録されたソングトラック、初回限定盤Bには第1部ミュージカルのBGMが収録されたサウンドトラックが付く。さらに公式ファンサイトのプレミアム会員限定のライブが、7月16日から18日に東京・赤坂ACTシアターにて開催される。45分のライブに加え、刀剣男士によるお見送り会も。詳細は公式サイトにて確認を。

「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~」は、本日から6月12日まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyo、6月17日から19日まで大阪・森ノ宮ピロティホール、6月23日から6月26日まで京都・京都劇場で上演。

「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~」ナンバー

第1部 ミュージカル

01.「刀剣乱舞」(三日月宗近、小狐丸、石切丸、岩融、今剣、加州清光)
02.「勝利の旗」(三日月宗近、小狐丸、石切丸、岩融、今剣、加州清光)
03.「戦うモノの鎮魂歌 ―レクイエム―」(三日月宗近、小狐丸、石切丸、岩融、今剣、加州清光)
04.「きらきら」(今剣)
05.「うたかたの子守唄」(小狐丸、石切丸)※新曲
06.「名残月」(岩融)
07.「返歌、名残月」(三日月宗近、岩融)
08.「矛盾という名の蕾」(石切丸、加州清光)※新曲
09.「おぼえている」(三日月宗近、小狐丸、石切丸、岩融、今剣、加州清光)※新曲
10.「キミの詩」(三日月宗近、小狐丸、石切丸、岩融、今剣、加州清光)

第2部 ライブ

01.「mistake」(三日月宗近、小狐丸、石切丸、岩融、今剣、加州清光)
02.「描いていた未来へ」(三日月宗近、小狐丸、石切丸、岩融、今剣、加州清光)※新曲
03.「えおえおあ」(小狐丸、石切丸、岩融、今剣)※新曲
04.「Endless Night」(三日月宗近)※新曲
05.「解けない魔法」(加州清光)
06.「まばたき」「大袈裟」「Love Story」※回替わり(三日月宗近、小狐丸、石切丸、岩融、今剣、加州清光)
07.「漢道」(三日月宗近、小狐丸、石切丸、岩融、今剣、加州清光)

ミュージカル「刀剣乱舞」公式ファンサイトプレミアム会員限定LIVE

2016年7月16日(土)~18日(月・祝)
赤坂ACTシアター

ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~

2016年5月27日(金)~6月12日(日)
東京都 AiiA 2.5 Theater Tokyo

2016年6月17日(金)~6月19日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

2016年6月23日(木)~26日(日)
京都府 京都劇場

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMMゲームズ/Nitroplus)
演出:茅野イサム
脚本:御笠ノ忠次
振付:本山新之助

キャスト

三日月宗近:黒羽麻璃央
小狐丸:北園涼
石切丸:崎山つばさ
岩融:佐伯大地
今剣:大平峻也
加州清光:佐藤流司

武蔵坊弁慶:田中しげ美
源義経:荒木健太朗
源頼朝:奥野正明
藤原泰衡:加古臨王 ほか

(c)ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会

ステージナタリーをフォロー