ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

韓国発スリラー「ブラック メリーポピンズ」中川翔子をヒロインに迎え再演

64

2012年に韓国で誕生したミュージカル「ブラック メリーポピンズ」が、5月より東京、兵庫、福岡、名古屋にて再演される。ヒロインを務めるのは、初のミュージカル出演となる中川翔子

「ブラック メリーポピンズ」の舞台は1920年代のヨーロッパ。著名な心理学者の豪邸で起こった火事から助け出された4人の子供たちと、養育係メリーの封印された過去が解き明かされる、心理スリラーサスペンスだ。日本では鈴木裕美演出により2014年に初演され、舞台美術を手がけた二村周作が第22回読売演劇大賞優秀スタッフ賞に選ばれるなど、高い評価を得た。

アンナ役を務める中川は「自分が舞台に出るなんて想像もしていなかったので、舞台初挑戦という事で、決まった瞬間から緊張しています(笑)」と言いつつ、「『アンナ』という女性に共感できる部分もあって、今は緊張しつつも自分でもどんな舞台になるのか楽しみにしています!」と意気込む。またハンス役は小西遼生、ヨナス役は良知真次、ヘルマン役は上山竜治が務め、養育係メリー役は一路真輝が続投。5人という少人数で、濃密な心理群像劇が繰り広げられる。

中川翔子コメント

『ブラック メリーポピンズ』への出演が決まった時、自分でもビックリしました!
自分が舞台に出るなんて想像もしていなかったので、舞台初挑戦という事で、決まった瞬間から緊張しています(笑)。
でも作品を見て「面白い!」と思ったと同時に、「アンナ」という女性に共感できる部分もあって、今は緊張しつつも自分でもどんな舞台になるのか楽しみにしています!
ミュージカルの世界は、歌もお芝居も毎回が生の戦いで、あらゆるスキルが必要となり心の強さも大切な世界。
様々な先輩方を目指し学び、経験値を重ねて初めての世界に飛び込みたいと思います。

鈴木裕美コメント

基本的に再演は好きです。より遠くに旅ができるから。俳優も一部変わりますし、初演のことは一回忘れて、新たに新しいチームで愉快な冒険の旅に出られたらと思います。物語は決して愉快じゃないですが…。

ミュージカル「ブラック メリーポピンズ」

2016年5月14日(土)~29日(日)
東京都 世田谷パブリックシアター

2016年6月3日(金)~5日(日)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

2016年6月9日(木)
福岡県 福岡市民会館

2016年6月17日(金)
愛知県 愛知県芸術劇場 大ホール

脚本・作詞・音楽:ソ・ユンミ
演出:鈴木裕美
上演台本:田村孝裕
訳詞:高橋亜子
出演:中川翔子小西遼生良知真次上山竜治、一路真輝

※記事初出時、一部記述に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

ステージナタリーをフォロー