黒沢ともよ

ケイコレ〜稽古着ファッションをお届け〜 Vol.14 [バックナンバー]

白と黒を厳かに着回す黒沢ともよ

重ね着スタイルで機動力バッチリ、でもちょっと“もこもこ”

403

演劇人が稽古場での素顔とファッションをチラ見せする稽古着コレクション、略して「ケイコレ」。この連載では稽古中のアーティストが、自身の稽古着を日記形式で紹介する。また、おしゃれな共演者や、いつかゲットしたい憧れの稽古アイテム、公演本番への熱い気持ちや見どころなどについても教えてもらう。

第14回は、「響け!ユーフォニアム」「宝石の国」などのアニメ作品で知られる声優・黒沢ともよ。生き生きとした声でキャラクターに命を吹き込み、視聴者の心をつかむ黒沢は、子役時代に「モーツァルト!」「マリー・アントワネット」といったミュージカルにも出演している。近年、おぼんろミュージカル座などの舞台作品にも多数取り組んでいる黒沢。そんな彼女が見せてくれたのは、6月5日に幕を開ける予定だったCEDAR「群盗」での稽古着姿だ。身にまとう色も役に入り込む手がかりにするという黒沢は、とあるシーンの稽古着に黒をチョイスした。「群盗」は新型コロナウイルスの影響で公演中止になってしまったが、彼女が選んだ黒いトップスの“秘密”に、ぜひ注目してほしい。

Day1

まだ衣装は決まっていない時期でしたが、戯曲のイメージから稽古ではスカートで演じています。稽古用スカートは何着かあるのですが、今回のアマーリアはロングかなと思ったので床スレスレの丈のものを使っています。ストレッチなどが自由にできるように、スカートの下にもちゃんとストレッチパンツをはきます。靴も普段はダンスシューズですが、少しヒールのある稽古靴を選んでみました。スカートはMila Owen、稽古靴はDIANAです。

戯曲から黒沢がイメージした、“アマーリアスタイル”。白いトップスにグレーのロングスカート、黒いシューズでシックに決める。

戯曲から黒沢がイメージした、“アマーリアスタイル”。白いトップスにグレーのロングスカート、黒いシューズでシックに決める。

Day2

立ち稽古で、昨日のシーンからの続きをやりました。

前日の稽古の録画を見て「姿勢が悪いなあ」と思ったので、首元をあえて出して姿勢が良くないとカッコ悪く見える服を着て挑みました。

役柄の身分も低くないので、姿勢もちゃんとしていないとな!と。

シャンとした背筋はまず稽古着から! 首元が見えるVネックの黒カーディガンですっきりと。

シャンとした背筋はまず稽古着から! 首元が見えるVネックの黒カーディガンですっきりと。

Day3

この日の稽古はアマーリアが喪に服している時期のシーンだったので、黒い服にしようと思ってトップスは黒を選びました。

私は色に敏感なので、自分の着る服の色も役を生きる助けになります。

と言いつつ……実はこの黒いトップスはワンピース。

ワンピースの丈は稽古スカートより短めなので重ねて履いてもわからないかなと思ったのですが、例に漏れずストレッチパンツも仕込んでいるのでもこもこしていました。「もこもこしてるなあ」と思いながら乗り切りました(笑)。

衣装の色からキャラクターの心情にアプローチする。黒いカットソー……と見せかけてトップスの正体はワンピース。スカートの下にはストレッチパンツも仕込み、どんな動きにも対応可能だ。

衣装の色からキャラクターの心情にアプローチする。黒いカットソー……と見せかけてトップスの正体はワンピース。スカートの下にはストレッチパンツも仕込み、どんな動きにも対応可能だ。

稽古着におけるこだわりは?

動きやすさはもちろん、作品や役の雰囲気にスッとなじんでくれるものを選びます。

例えば今回は古典作品なので、シンプルに厳かに白か黒のユニクロを着回しています。でも、年始の「Play a Life」では私服でそのまま稽古していましたし、キ上の空論に参加するときはみんなおしゃれなのでカラフルなTシャツをいつも選んで着ている気がします。

「稽古着おしゃれだな!」と思う共演者は?

主演のフクシノブキさんです。

NIKEのピンクのスニーカーを稽古靴になさっていて、ピンクをさりげなくファッションに取り入れる男性ってオシャレだなあと思いました。

初めておしゃべりした話題も「靴かわいいですね……」だった気がします。

いつか手にしたい憧れの稽古アイテムは?

稽古用の浴衣が欲しいなと、ずっと思っています。母の浴衣を裾上げしてもらったものを1着、稽古用に持っているのですが、また時代劇に携われたらそのときに自分の浴衣も買いたいなあと。時代劇は難しいけど楽しいので、また挑戦したいです。

CEDAR「群盗」で特に注目してほしいのはどんなところ?

赤坂RED/THEATERいっぱいに作り込まれた舞台美術がまず、圧巻だと思います。

RED/THEATERってこんなに木を生やしていいの?ってくらい木が生えているらしい……そんな空間を楽しんでもらえたらなと。

そして女の子的な視点で言えば、「人間味あふれるカールと策士なフランツ、どっちの方が好き? どっち派? いや、もしかしてヘルマン派!?」と終演後に盛り上がっていただけるんじゃないかなあとも思います!

あなたは誰派ですか?(笑)

プロフィール

1996年、埼玉県出身。2000年にNHK大河ドラマ「葵 徳川三代」でテレビドラマに初出演し、子役として映像や舞台で活躍。音楽ユニットSound HorizonのPVやコンサートではモーションアクターを担当し、のちにアルバム「Marchen」ではゲストボーカルを務めた。2010年に声優デビューし、出演作は「アイドルマスター シンデレラガールズ」「アイカツ!」など。近年はおぼんろ「ビョードロ~月色の森で抱きよせて」「メル・リルルの花火」、キ上の空論「脳ミソぐちゃぐちゃの、あわわわーで、褐色の汁が垂れる。」、PAT Company「グッド・イブニング・スクール」、ミュージカル座「ひめゆり」などの舞台作品にも出演している。

※「Marchen」の「a」はウムラウト付きが正式表記。

バックナンバー

この記事の画像(全4件)

関連記事

黒沢ともよのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 黒沢ともよ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします