音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

AKB48仁藤萌乃、武道館で最後の「片思いの対角線」

136

昨日4月28日、東京・日本武道館にてAKB48グループ総出演のコンサート「AKB48グループ臨時総会~白黒つけようじゃないか!~」の最終公演が行われた。

このシリーズ公演はAKB48、SKE48NMB48HKT48がそれぞれ武道館で単独コンサートを行うという形で実施。最終日にはグループ総出演のステージが昼夜2回にわたって展開された。

そのラストとなる夜公演は、AKB48グループ総監督の高橋みなみのソロ曲「Jane Doe」からスタート。高橋はゴンドラに乗りながら全方位に向かって熱唱し、オープニングから会場を大いに盛り上げた。

最初のMCでは各グループからお笑いに自信のあるメンバーが登場し、「小嶋陽菜を笑わせよう」と題したコーナーが展開。HKT48の村重杏奈は自信たっぷりに「日本武道館!」というギャグを飛ばすも不発に終わる。続いてAKB48の岩田華怜も篠田麻里子直伝のギャグを披露するが小嶋を笑わせることはできなかった。ここでHKT48のバラエティ担当として名を馳せる中西智代梨が登場し、顔芸で見事小嶋を笑わせることに成功。最後にはR-1グランプリに出場経験もあるNMB48の小笠原茉由が高橋みなみのモノマネをして、小嶋のみならず会場を爆笑させて力の差を見せつけた。

ここからは各グループのメンバーが新たな組み合わせでユニット曲を披露。AKB48の渡辺麻友、SKE48の松井玲奈、HKT48の田島芽瑠、朝長美桜の4人が「嘆きのフィギュア」で息のあったパフォーマンスを見せると、続けてNMB48の山本彩をセンターにAKB48の大島優子、高橋みなみを加えた豪華メンバーで「クロス」を披露した。さらに昨年10月末をもって解散したチーム4のメンバーがステージ上に登場し、彼女たちの思い出の曲「走れ!ペンギン」を熱唱。会場に集まったファンから大きな声援が彼女たちに贈られた。

ユニットコーナーが終わると、本公演にてグループを卒業する仁藤萌乃が1人で登場。仁藤は5年前のこの日が劇場デビューした日であることを明かすと、続けて「人前に出ることが苦手だった私が自分を変えたくてAKB48に入り、180度人生が変わりました。これからも芸能界でがんばっていきたいと思っています。そして成長し続ける仁藤萌乃でありたいです」と力強くコメント。会場からの大きな“萌乃!”コールを受けながら、思い出深い最初のユニット曲「片思いの対角線」を同期の北原里英、近野莉菜と披露し、笑顔のままステージをあとにした。

続いては各グループが入れ替わるメドレー曲のコーナーに突入。各グループのヒットナンバーが次々と展開され、最後は「ヘビーローテーション」と「ポニーテールとシュシュ」の2曲をグループメンバー全員で熱唱した。そして公演本編は「掌が語ること」をしっとりと歌い上げて終了となった。

アンコールでは5月22日にリリースされるAKB48のニューシングル「さよならクロール」のカップリング曲「バラの果実」を初披露。赤い衣装を身にまとった小嶋菜月、小嶋真子、岡田奈々を筆頭に、各グループから選ばれた若手メンバー16名が華麗なパフォーマンスを見せた。

最後のMCではそれぞれのグループの代表メンバーが最終公演を終えての感想を語る。SKE48の松井玲奈は「31曲連続ぶっ通しで披露するのも大変でしたけど、今度はSKE48だけで6公演ぶっ通しコンサートをやってみたいです」とアピール。NMB48の山本は「NMB48としても新たな成長になったと思います」とコメントした。続いてHKT48の指原莉乃は「HKT48はデビュー間もなくということで、初めての単独コンサートが武道館でいろいろ大変なこともありました。でもメンバーみんなが成長できたんじゃないかと思います。今後は出張公演とかもっとやりたいですね」と今後の活動に意欲を見せた。

最後は全メンバーで「AKBフェスティバル」を元気に披露し、アリーナステージの外周に輪になるように並んだメンバーは、全員で手をつないで「ありがとうございました!」と最後の挨拶を行った。ステージからメンバーがいなくなると、会場には最後の“影アナ”として仁藤が登場。仁藤が「私の人生の大切な思い出になりました」と語ると会場からは割れんばかりの“萌乃”コールが沸き起こり、4日間にわたって繰り広げられた武道館公演はすべて終了した。

「AKB48グループ臨時総会~白黒つけようじゃないか!~」2013年4月28日(日) AKB48グループ 夜公演セットリスト

00. Overture
01. Jane Doe[高橋みなみ]
02. ギンガムチェック[AKB48選抜]
03. チョコの奴隷[SKE48選抜]
04. 北川謙二[NMB48選抜]
05. スキ!スキ!スキップ![HKT48選抜]
06. 真夏のSounds good![全メンバー]
07. 嘆きのフィギュア[渡辺麻・松井玲・田島・朝長]
08. 制服が邪魔をする[入山・川栄・木崎・古畑・木本・白間・兒玉・宮脇]
09. 1994年の雷鳴[菊地・横山・松井珠・高柳・高城]
10. クロス[高橋み・大島優・山本彩]
11. 魅惑のガーター[小嶋陽]
12. お願いヴァレンティヌ[HKT48]
13. 走れ!ペンギン[チーム4]
14. 純情U-19[NMB48]
15. RIVER[JKT48]
16. UZA[TeamK]
17. 雨のピアニスト[柏木・松岡・森保]
18. アイドルなんて呼ばないで[峯岸・指原・大家・小笠原]
19. アボガドじゃね~し…[島崎・渡辺美]
20. 重力シンパシー[TeamA]
21. 恋を語る詩人になれなくて[SKE48]
22. エンドロール[板野]
23. フライングゲット[TeamB]
24. 涙の湘南[篠田・秋元・阿部・前田亜・宮澤]
25. 片思いの対角線[仁藤・近野・北原]
26. 君のことが好きだから[JKT48・HKT48]
27. ナギイチ[HKT48・NMB48]
28. オーマイガー![HKT48・NMB48]
29. オキドキ[NMB48・SKE48]
30. キスだって左利き[NMB48・SKE48]
31. 大声ダイヤモンド[AKB48]
32. Everyday、カチューシャ[AKB48]
33. ヘビーローテーション[全メンバー]
34. ポニーテールとシュシュ[全メンバー]
35. 掌が語ること[全メンバー]
<アンコール>
36. バラの果実[小嶋菜・小嶋真・岡田奈・高橋朱・大島涼・武藤・田野・佐々木・岩田・向田・吉田・松岡・森保・古畑・谷・與儀]
37. さよならクロール[選抜メンバー]
38. 少女たちよ[全メンバー]
39. ファースト・ラビット[全メンバー]
40. AKBフェスティバル[全メンバー]

※記事初出時、曲名の表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー