音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SKE48地元握手会で総選挙に意欲「1人でも多く64位内に」

113

本日5月20日、愛知・ポートメッセ名古屋にてSKE48のニューシングル「アイシテラブル!」発売記念全国握手会が開催された。

5月16日にリリースされた9thシングル「アイシテラブル!」は、オリコンデイリーチャートで連日1位を記録中。発売後初のイベントとなる今回は、大会場に大勢のファンが来場し、終始熱狂的な盛り上がりを見せた。

イベントは松井珠理奈、松井玲奈、矢神久美、木下有希子、向田茉夏、小木曽汐莉、木本花音が歌う「青空片想い」からスタート。続いて研究生4人(岩永亞美、鬼頭桃菜、菅なな子、古畑奈和)による「ガラスの I LOVE YOU」、出口陽と金子栞による「てもでもの涙」、石田安奈、高柳明音、松本梨奈が歌う「クロス」が立て続けに披露された。この人気ナンバーの連発に観客も大興奮。アリーナライブさながらの盛り上がりで、ステージ上のメンバーに声援を送った。

MCコーナーでは「アイシテラブル!」のビデオクリップ撮影についてメンバーがコメント。木崎ゆりあは「このPVはサイパンで撮影したんですけど、海の上で踊るというSKE48ならではのパワフルな映像になっています。そんな中、みきてぃ(矢方美紀)とか金ちゃん(金子栞)とかしゃわこ(秦佐和子)とかが水に足を取られて転んだり。コケながらも一生懸命踊ってる姿が映ってるんじゃないかと思います」と、撮影時の裏話を明かした。また、紅組「なんて銀河は明るいのだろう」のPV撮影についても、木下が「ダンスの振り付けを撮影当日の朝に習って、そのまま10時間くらい踊り続けた」というエピソードを披露。松井珠理奈が「CDジャケットに写ってる紅組の写真のポーズが気になる」と言うと、松井玲奈が「あれ、超大変だったんだよ! 撮るのに30分から50分くらいかかったんだから」と答え珠理奈を驚かせた。

MCが終わると、紅組のメンバー12人が「なんて銀河は明るいのだろう」をパフォーマンス。白組「あうんのキス」のビデオクリップ上映を挟んで、ステージには選抜メンバー16名が再び登場し、最新シングル「アイシテラブル!」を笑顔で歌い踊った。こうして恒例のミニライブは大盛り上がりのうちに幕を閉じた。

ミニライブ後には、ステージ上で報道陣向けのフォトセッションや囲み取材が実施された。記者からイベントの感想を尋ねられた珠理奈は、「リリースのたびに名古屋でもイベントをさせていただいてるんですけど、回を重ねるごとに自分たちの目で見てわかるくらいお客さんの数が増えていて。ステージに立った瞬間、声援からもその数が増えてることがわかって、すごくうれしいことだなっていうのを今日また改めて感じました」と率直な感想を口にした。また、3月下旬から体調不良で仕事をセーブしていたことについても、「本当にたくさんの方にご心配やご迷惑をおかけしてしまって、ファンの皆さんに会えなくてもお手紙やブログのコメントで『大丈夫?』とか『早く元気になってね』とかあたたかい言葉をたくさんいただいたので、今日は皆さんに元気な姿をしっかりと見せて、また皆さんからのパワーをもらって、これからがんばることができたら」と、真剣な表情で語った。

新曲「アイシテラブル!」のタイトルの意味について質問されると、玲奈は「『愛してる』と『アイラブユー』をくっつけた新しい造語で、好きの最上級って意味です」と回答。「アイシテラブル!」の振り付けのキメポーズ(人差し指と親指でアルファベットのLを作るポーズ)は日常生活でどういうときに使うといいかと訊かれ、玲奈が「授業中、好きな相手に合図をするとか」と答えると、ほかのメンバーから「キャーッ、いいねー!」という声が上がった。

最後に、6月6日に控えた第4回AKB48選抜総選挙について訊かれたメンバーは、1人ずつ意気込みを告白。珠理奈は「SKE48から1人でも多くのメンバーが、選抜じゃなくても64位以内に入ったらうれしいな」、矢神久美は「どんな結果でも楽しもうと思います」、矢方は「48グループのお祭りということで、最後まで楽しんでいきたい」、木本花音は「SKE48からも64位以内に何人か入ると思うんですけど、その何人かの1人になれたらいいなと思います」とそれぞれ思いを口にした。

なお、SKE48は来週5月27日に神奈川・パシフィコ横浜でも「アイシテラブル!」発売記念全国握手会を行う。参加方法や出演メンバーはオフィシャルサイトで確認を。

音楽ナタリーをフォロー