岡村靖幸「SWEET LOVE SHOWER」で濃厚復活ライブ

1260

本日8月27日、山梨・山中湖交流プラザきららにて野外イベント「SWEET LOVE SHOWER 2011」が行われ、岡村靖幸が活動再開後初のライブパフォーマンスを披露した。

岡村靖幸

岡村靖幸

大きなサイズで見る(全2件)

先日セルフカバーアルバム「エチケット」をリリースし“完全復活”をアピールした岡村だが、ライブを行うのは2007年11月の全国ツアー大阪公演以来約3年9カ月ぶり。記念すべきライブは、ダンサブルなファンクチューン「どぉなっちゃってんだよ」で幕を開けた。

ステージに現れた岡村はぐっとスリムになった体躯でキレのあるダンスを披露。迫力あるボーカルを聴かせつつ、「OK! スペースシャワー、カモン!」と叫んで観客を煽っていく。

近年のライブの定番曲「ア・チ・チ・チ」でフィールドをさらに盛り上げたあとは、愛用の黒のオベーションを激しくカッティングしつつ「Vegetable」をワンフレーズだけ歌唱。そのままバンドは「エチケット」未収録の「聖書(バイブル)」を、よりビート感を強めたライブバージョンで演奏した。旧知のバンドメンバーによる鉄壁のアンサンブルと、岡村が繰り出す華麗なダンスに観客の目と耳は釘付けに。

そして、熱気に満ちたステージで再びギターを手にした岡村が「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」のイントロをかき鳴らしはじめると、フィールドからはひときわ大きな歓声が上がる。「青春って1、2、3、ジャンプ!」のコール&レスポンスで会場が一体化したところで、岡村は「だいすき!」と叫び、愛すべき名曲「だいすき」がスタート。曲間では「俺は君を、……だいすきです!」とシャウトし、最高潮の盛り上がりの中、ライブ本編は終了した。

アンコールを求める熱烈な声に応えて、岡村とバンドメンバーは再びステージに登場。岡村は「いますぐ君を抱きしめたい / いますぐ君に口づけしたい」という名セリフから始まる「DATE」をディープなサウンドに乗せて披露した。曲間のベースソロでは「ベース! みんなわかるか、ベース!」と呼びかけ、そのまま曲は「祈りの季節」に突入。岡村はかけていたメガネを外し、ハンドマイクを手にステージ上を動き回りながら、観客に問いかけるように歌い上げ「子供を産め!」とシャウトする。続く「マシュマロハネムーン」のファンキーなベースラインがフィールドをさらに熱く踊らせ、ラストナンバー「セックス」まで計4曲のアンコールは、アルバム「エチケット(パープルジャケット)」同様にメドレー形式で演奏された。

すべての演奏を終えると岡村はさわやかな笑顔で「どうもありがとうございました」と挨拶し、ステージから退場。約45分間におよぶ復活ライブは興奮のうちに終了した。

岡村はこのあと9月7日から、計5公演の東名阪ツアー「エチケット」を実施する。

岡村靖幸「SWEET LOVE SHOWER 2011」2011年8月27日セットリスト

01. どぉなっちゃってんだよ
02. ア・チ・チ・チ
03. Interludes
04. 聖書(バイブル)
05. あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう
06. だいすき
<アンコール>
07. DATE~祈りの季節~マシュマロハネムーン~セックス

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

岡村靖幸のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 岡村靖幸 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。