音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

小室哲哉、ELT、後藤真希らがニコファーレで絢爛競演

38

7月23日・24日の2日間にわたり、東京・ニコファーレにてライブイベント「a-nation Charge & Go!ウイダーinゼリー THE PREMIUM NIGHT in nicofarre」が開催された。

初日のトップバッターを務めたGIRL NEXT DOORは、「会場のみんなもネットで見てるみんなも盛り上がって!」という掛け声からライブをスタート。大ヒット曲「偶然の確率」や新曲「ダダパラ!!」を熱演し、会場の観客とニコニコ生放送視聴者のテンションを高めていく。一方2番手のEvery Little Thingはシンプルでハートフルなステージを展開。「STAR」「響 -こえ-」「For the moment」の3曲を、穏やかな歌声と柔らかなギターのハーモニーで届けた。

続いて登場したhitomiは「By my self」と「Song for you☆」を熱唱する。また彼女が「最後まで楽しんでください」と声をかけると、視聴者から「2日で1500円は安すぎる…」「いいねこの一体感」といったコメントが飛び交った。

MCの古坂大魔王と、SUPER☆GiRLSから八坂沙織、志村理佳、稼農楓の3人によるにぎやかなトークを挟んで始まった後半戦では、ICONIQ後藤真希が登場。後藤真希は激しいダンスにあわせて「What is LOVE」「SCANDALOUS」をノンストップで披露し、大勢の喝采を浴びていた。

そして初日のトリを務めたのは小室哲哉。「Get Wild」「Self Control」といったTM NETWORKの名曲や、globeの「Many Classic Moments」をサンプリングしながら、シンセサイザーを駆使した圧巻のパフォーマンスを繰り広げた。

2日目には、初日に出演した小室哲哉とGIRL NEXT DOORのほか、YU-KI & DJ KOO from TRF、Do As Infinity、鈴木亜美の計5組が参加。Do As Infinityはアコースティックアレンジの「誓い」と「陽のあたる坂道」で会場を優しい空気で包み込み、鈴木亜美は大ヒット曲「love the island」「BE TOGETHER」でオーディエンスを惹きつけた。

YU-KI & DJ KOO from TRFが「EZ DO DANCE」「survival dAnce」を盛り込んだダンサブルなメドレーで熱狂を作りだしたあとは、前日に続き小室哲哉がトリとして登場。「DEPARTURES」「SEVEN DAYS WAR」など、自身が手がけたヒット曲の数々をサンプリングしたパフォーマンスで観客と視聴者を酔わせ、2日間にわたるイベントを締めくくった。

なお今年の「a-nation」は、7月30日の愛媛・ニンジニアスタジアムを皮切りに、8月27日・28日の東京・味の素スタジアムまで全国5会場7公演が行われる。

音楽ナタリーをフォロー